読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【鑑賞メモ】英国ロイヤルバレエ・シネマ・シーズン2016/2017「くるみ割り人形」(2016年12月収録)

2017年2月10日〜2月16日まで限定で上演の、英国ロイヤルバレエ・シネマ「くるみ割り人形」を観てきました! 2016年12月に収録されたもので、今回新しく改定された演目(中国の踊り)もあり、今のロイヤルバレエを観たくて行ってきました。 英国ロイヤル・オ…

「顔を横にするとき、傾かないようにするには?」首の環軸関節が水平に動かす

バレエでは、回転のピルエットやピケターンで首をつけることがよくありますが、傾いてしまいやすい人はいませんか? 回転でなくとも、静止した状態で首をまっすぐ横に向けることはできるでしょうか?肩こり・首こりがあると、動きが鈍ってしまっている方もい…

タンデュ つま先を伸ばしているつもりなのに注意されてしまう?ドゥミ・ポアントとポアントの違い

タンデュというつま先を動かすパで、「つま先をもっと伸ばして」といつも注意されてしまう人はいませんか? ※タンデュ↓ 「自分では、伸ばしているつもりなのに…」と思っている方、実際にどのくらい伸ばせているでしょうか? 横のタンデュで、つま先のどこま…

【正面・斜め】アンファス/クロワゼ/エファセ バレエ用語

バレエで方向を区別するバレエ用語に、正面「アンファス」ななめ「クロワゼ」「エファセ」があります。それぞれの言葉の意味を覚えておきましょう。 正面向き「アンファス」 客席側の正面に対して立つことを、「アンファス」と言います。 バレエの斜めの角度…

【クロワゼとエファセ】センターで右足前?左足前?が分からなくなってしまう人へ

バレエレッスンでバーの無いセンターのレッスンになると、右足前か?左足前か?が分からなくなってしまうことはありませんか? バレエでは、「クロワゼ」と「エファセ」という、斜めの脚の組み方が2種類あるので、混乱しやすいのです。 この写真を見てみま…

バレエ「スケートで姿勢がきれいとほめられました!」個人レッスンの成果

バレエプライベートコース受講生からのご感想、毎回いろいろな形でいただいています。 先生のレッスンは、毎回楽しくて、次回が待ち遠しいです。おうちでの復習がんばります。 あ、スケートで、姿勢がきれいとほめられました! バレエの成果と思います! あ…

【バレエ用語の前横後】ドゥヴァン アラセゴンド デリエール

バレエを習いたての時期ですと、聞いたことのないバレエ用語がたくさんありますよね。中でも初めに覚えておくといい用語は、前「ドゥヴァン」横「アラセゴンド」後ろ「デリエール」です。 方向を示す用語は、動き・振付(アンシェヌマン)を覚えるのにも大切…

レッスンの間に上達していた理由

今日のプライベートレッスン中のこと。 私が「あれ、〇〇さん、今日はポールドブラが綺麗になってますね!」 とお聞きすると… 「先生の動画とブログで勉強してきたんです〜。」と。 じっくり見てくださっていたんですね! そして何より上達していることが嬉…

2月のグループレッスン:ドン・キホーテを楽しく踊ろう!

来週の土曜日は、2月のバレエ美人塾グループレッスンの日です! 今回は、ドン・キホーテより第1幕のキトリの登場の音楽を使います♪ 第1幕:No.4 キトリの登場モスクワ・インターナショナル・シンフォニック・オーケストラクラシック¥150provided courtesy o…

マイナス10℃の雪山でも寒くなかったニット&フリース2層の手ぶくろ

今週は東京でも雪がちらついて2月の厳しい冷え込みを感じます…。体調崩したりしていませんか?暖かくして過ごしましょうね。 先日に乗鞍に行った記事をアップしましたが、その際に新しく使った手ぶくろ「レイヤードグローブ」という二重の手ぶくろが便利で…

バレエの体の向き(8方向)

自分を中心にして8方向の角度 深すぎたり、浅すぎたりしないで、ちょうど良い角度の感覚を。 右左ではなく「上手」と「下手」 バレエを習い始めて、基礎の足のステップやパを覚えていくと、スタジオの中心で踊る練習もできるようになります。それには、体の…

68歳の森下洋子さんが演じる白鳥&黒鳥の輝き

先日、松山バレエ団で上演された森下洋子さん主演の「新・白鳥の湖」を鑑賞しました。 森下洋子さんは日本のバレエ黎明期から、世界の舞台で踊り、ルドルフ・ヌレエフとも共演された偉大なバレリーナ。現在は68歳なのだそうです。 森下さんのように生涯現役…

脚を高く上げるにはぶれない体幹をつくること

「ぶれない体幹になりたい」 「脚を高くキープできるようになりたい」 という気持ちを持っている方はとても多いもの。 今日のレッスンでは、脚を高く上げて動かしてもぶれない体幹を鍛えたいという受講生さんでしたので、それをメインにレッスンしました。 …

体幹の良い変化は、はじめは目に見えにくい。あきらめないで。

体幹が働かせられるようになると、レッスンで基礎の動きから変化が出てきます。 私がそれに気づいた時にはお伝えしています。 でも、なかなか自分ではこれであっているのかな?と思うような、わかってるようでできているかはまだ自分では自信が持てないとい…

やっぱり自然に出かけることも必要だ

ヨガは、単に柔軟性や筋力だけでなく、自然に寄り添って生きるというのも大切なこと。 私はインストラクターとして、それをわかりやすく体験しながらヨガを楽しめるイベントをしたいと思って乗鞍でヨガ・リトリートを開催してきました。 今回も乗鞍へ行き、…

冬の乗鞍山頂と、雪原のご来光!

あのヨガ・リトリートでおなじみ、長野県乗鞍高原の冬のレポート、続編です。 実は今回夫が、極寒の乗鞍の冬の山頂に早朝登り、ご来光を見てバックカントリースキーをするという、貴重な経験をしてきました! すごい!! 冬のご来光なんて、バスもないしリフ…

バレエ 腕を上げると肩がすくんでしまうのはどうしたらいい?

バレエで腕を持ち上げるとき、肩が一緒に持ち上がって、肩が疲れるということはありませんか? 大人バレリーナの皆さんに多いのが、腕を持ち上げようとすると、肩の上部の筋肉が一緒に持ち上がって首が短く見えてしまうことです。 肩がすくむと、首がうもれ…

【ヨガ・リトリート】乗鞍高原の冬はどんな感じ?

いきなり冬景色!ブログをずっと読んでくださっている方はおなじみの、乗鞍高原です! 最近は新宿でのバレエレッスンが多いですが、毎年夏から秋にかけては、ヨガ・リトリート in 乗鞍というイベントも開催しています。 乗鞍高原の宿プチホテルアルムさんの…

【バレエBefore&After】アンバーで脇のスペースが大切な理由

バレエの腕のポジション、アンバーの形。バレエの動きをするためにはここから始まっていくので、基本に欠かせないポジションです。 初心者の方をみていると、動き始める前はみなさんキレイに丸をつくれます。 でも、動き始めていくと、アンバーに戻らなくて…

バレエの足のポジション 1〜5番

バレエには、足のポジション(足の立ち方)が決まっていて、初めに知っておきたいのが1番〜5番です。写真だけでみてもなかなか難しいことと思います。ぜひ動画を見てみてください。 1番〜5番の形で共通していること バレエでよく使う足のポジションは、…

【バレエBefore&After】腕を後ろに開きすぎるとどうなる?

バレエは基本のプリエ、タンデュなどのシンプルな動きを練習する時、はじめは手を横にします。 手を横に広げるのはとてもシンプル。でも、ついつい開きすぎてしまうことが初心者のの方にはよくあります。 2枚の写真を見比べてみてください。 左は、ボディの…

1ヶ月でわからないこと。10年かけてわかってくること。

1月がもう終わりなんですね…!新年始まって、あっという間です。 今月はレッスンがさらに増えてきましたが、後回ししたくないので、今年にチャレンジしたいことを真っ先に取り組み始めました。 効果的なレッスンのスタイルとは。 私自身が大切にしているの…

【バレエBefore&After】腕はボディの輪郭を決める

この2枚の写真を見てみてください。バレエの手のポジション(アラセゴンド)のBefore&Afterです。 見た目がかなり違いませんか? バレエのアームスで、肘の効果的な使い方 Before 二の腕が落ちて肘が下がっている 腕を横に開く形をやってみると、このように…

バレエシューズに左右はある?

「バレエシューズって、右と左は決まっていますか?」という質問。 基本的に、左右はありません。 一足分のどちらとも、同じ構造です。 (一般的な話なので、特殊なシューズはお店で確認してくださいね) 左右を決めて履くかどうかは、ダンサー自身の好みで…

バレエのオペラグラスで使える双眼鏡の選び方・ピント調整のやり方

バレエのオペラグラス、持っていますか? 客席の2階席や3階席あたりから鑑賞するとき、どうしても遠く見えてしまいますよね。 オペラグラスがあれば、バレリーナの表情、手先、脚の関節の角度などもしっかり見えます。 劇場によっては、当日にレンタルでき…

YouTube「バレエ初心者が腕を横に開くとき気をつけること」をアップしました

毎日アップしているバレエの動画レッスンが増えてきました!アップして間もないのにチェックしてくださっている方、ありがとうございます。 今回は、「バレエ初心者が腕を横に開くとき気をつけること」について、お話ししています。 バレエの動きに慣れてい…

感想「はじめは、踊る?ってどうすればと思っていたのですが、とっても優しく教えてくださってありがとうございました」

前回1月のバレエ美人塾グループレッスンの感想をいただきましたので、紹介(一部)させていただきます! 先日は、レッスンありがとうございました。 はじめは、踊る??ってどうすればと思っていたのですが とっても優しく教えてくださって何度も振付も一緒…

YouTube「バレエ初心者が知っておきたい二の腕の使い方」をアップしました

今週は連続してYouTube の動画レッスンをアップしています。 3本目の動画はこちら! 二の腕って、実はすごく大事なのですが見落とされやすいポイント。 初心者の方は、「え、二の腕なの?」と意外に思うかもしれませんね。 二の腕が綺麗に使えるダンサーは…

「やっぱりバレエを始めたら、全然違います!」

平日も、連日スタジオにいます。今夜は仕事帰りにバレエセッションを受講する方とレッスンでした。 忙しい合間にも予定を計画的に組んで、楽しく励んでいらっしゃいます。 体験の1回を終えてから、プライベートコースとしては今回が2回目。 それでも、すで…

ローザンヌ国際バレエコンクールの動画配信日時(2017年1月30日〜2月4日)

毎年恒例のローザンヌ国際バレエコンクールが、今年も開催されます。 バレエダンサーを目指す世界中の若者が出場するこちらのコンクール。 その時点での優秀なダンサーを選出するというだけでなく、将来性を伸ばせるようにするための取り組みが特長です。 出…

YouTube「バレエのアンナバンの高さと形」をアップしました

初心者でバレエを始めると、難しいのがアンナバンです。 静止しているときはできても、動きの中ではアンナバンの形が閉じていなかったり、曲げすぎてしまっていることがよくあります。 今回の動画では、レッスンでよくある2つの例を取り上げました。 肘の角…

YouTube「バレエ初心者に多い、手の指先の直し方」をアップしました

久しぶりに動画をアップしました。大人のバレエ初心者の方が共通して陥りやすいポイントをみなさんにもシェアしていきたいと思っています。短めにいろんなテーマを上げていくつもりです。 今日のテーマは、「バレエ初心者に多い、手の指先の直し方」です。 …

白鳥と眠りの舞台を映画館で観られる、ボリショイ・バレエinシネマ(2月)

最近は、映画館で海外のバレエ団の舞台を見ることができるイベントが増えてきました。 2月は、ボリショイ・バレエを全国の映画館で見られる「ボリショイ・バレエinシネマ」で、『眠れる森の美女』と『白鳥の湖』が上演されます! bolshoi-cinema.jp これま…

デベロッペで90度にヒザが伸ばせない人の特訓方法

「バレエで脚があげられないんです。どうしたら上がるようになりますか?」 こんなご相談はいつもよくあるのですが、すでに手を使えばY字ができる人は筋力が足りないのが原因です。 バレエのデベロッペなどを実際に練習しない限りは、脚が上がるようにはなり…

「なんとなくやっていたことすべてに意味があるとわかり、有意義なセッションでした」

初めて一人のバレエレッスンを受けてのご感想をいただきました。 最初は不安でいっぱいでしたが、先生の丁寧なご指導を受けているうちに緊張もほぐれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。 これまでレッスンで聞けなかったこと、なんとなくやってい…

「チュチュをつけたらポールドブラの形の意味がわかりました」

今日もバレエのプライベートコース体験セッションを受けてくださった方がいました! 初対面で緊張したそうですが、始まるとそんなことも忘れて、楽しくあっという間です♪ 動きながら、「そういえば、いつも〜〜が気になっていたんですけど…」と質問がわいて…

脚力はコツコツと。手は毎回正しい形を。

今日のグループレッスンお疲れさまでした!白鳥のオデットをチャレンジしました。まだ写真がないので、様子はまたシェアいたしますね。 今日もお話ししたことなのですが… 大人がバレエを踊れるようになるには、どうしたら良いか? 脚力と、手の形とを、分け…

寒くてもレッスン!ダンサーたちの冷え対策

今日はバレエ美人塾のグループレッスン開催の日です。 昨日は雪の予報が出るくらい、寒い週末となりましたが…空は快晴!気持ちが良いですね〜。 よく、ヨガの生徒さんからも「冬になると動きたくない」っていう本音を聞きます。たしかに、外に出ても寒いし風…

バレエ漫画「アラベスク」山岸涼子さん作

山岸涼子さんのバレエ漫画「アラベスク」みなさんは読んだことありますか? 私は、中学生くらいの頃に初めて読みました。それも、マンガは昔からほとんど読まなかったので、友達に「『アラベスク』って知ってる?」と言われて知ったという…友達に感謝です(…

終わりがないからこそ悩み、また成長していく

バレエは、終わりがない道のり。 だからこそ、時には悩んだり、落ち込んでしまったりすることもあるのではないでしょうか。 “終わりがない”とは、実際大変なことです。「これで完璧だよー!」ということがないのが芸術の世界。 だから、「ん〜これだけやった…

「アラベスクの上げ方がわかり、良くなったと言われるようになりました」

バレエのアラベスクで、「どのように脚を上げれば良いのかわからない」というお悩みはありませんか。 先日もプライベートコースのセッションで、「アラベスクの上げ方がイマイチしっくりこない」という質問がありましたので、みっちりと練習をしました。 そ…

思い込みを外し、理想をまっすぐつかみにいこう

最近は、海外のバレエ団のダンサー達が来日している期間に、バックステージの仕事で関わる経験ができました。 女性も男性も素晴らしい芸術家ばかりで、ロシアスタイルの美しさに心奪われました。伝統の凄みですね… ダンサー達の舞台裏の姿を見ていて、特に印…

偉大なバレエ教師の功績の影にあった、子ども時代の粘り強さ

ロシアバレエのメソッドを体系化させた、世界的に伝説のバレエ教師と呼ばれる、アグリッピーナ・ワガーノワ先生の伝記を読んでいます。 ワガーノワ女史のことはバレエを習うと必ず出てくるほど。メソッドについての解説は、今やたくさんの本に書かれています…

バレエ 脚はどうしたら上がるようになる?

「脚を高く上げられるようになりたい。」というご相談をよくお聞きします。 脚を高く上げられるには、2つのポイントがあります。 脚を高く上げられる角度を作れるほどの柔軟性があるか 脚の重さに耐える筋力があるか まず、柔軟性はストレッチをすれば股関…

本質的な努力は、裏切らない。

新年になってから、1月が早くも2週間経ちましたね! 連日にレッスンが入っていたのとイレギュラーな仕事も入っていたので、更新が空いてしまいました。 プライベートコースの受講生さんも、新年明けて、お1人ずつまたレッスンを再開しています。 スケジュ…

バレエレッスン動画制作の準備中

今年はYouTubeの動画制作を増やすので、準備をしています。 いまでは「動画を見てレッスンに来ました〜!」と言ってくださる方も多く、いつも嬉しいです(^^) ブログは文章と写真しか直接アップできないから、補足に動画を載せる場所はないかな〜と思って、Yo…

エクササイズリングを使った内ももトレーニング方法

バレエで脚をキレイにポージングしたいという方へ。 内ももの筋肉は使えていますか? バレエレッスンでなかなか内ももの筋肉が使えないという方は、「エクササイズリング」を使った筋力トレーニングが効果的です。 エクササイズリングとは、直径30センチ以上…

はじめから自信がなくたっていい

自信。 ときには誰でも、自分に自信を持てないことがあります。 私自身もそうです。昔から自信がなかなか持てない性格でした。 「自信が持てない自分は、ダメなのか???」 そんなループにハマるタイプでした。。。(笑) 過去の私はそのことにクヨクヨ悩ん…

バレリーナは女優のように、自分にはない性格も演じて成長していく

もしも、あなたが女優だったとしたら、自分とは違う人生を生きる役柄を、どうやって表現しますか? バレエ作品の役柄をじっくりとマンツーマンで表現する練習をしていくプライベートコースでは、役柄を演じることについても考える機会を設けています。 この…

自信を持って踊っているように見えるには?

今日は、「ドン・キホーテ」のキトリの踊りを練習している方のプライベートコースセッションでした。 こちらの方は、コース4回目にして足のステップがある程度しっかりとできるようになってきました。 さらに上のステージに行くには、目線。 ご本人も、「目…