バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

足は「踏み台」ではなく「繊細なアート」。

足の骨って、どんな風になっているか見たことありますか?

これは足の骨模型です。足の構造は、まるで繊細なアートです。

これで、あなたの体重を支えてくれているのですから。骨の構造は美しく洗練されてできていることがわかります。

どんな運動をするにも、日常の所作にしても、人間動く限りは重心移動があります。

重心移動がていねいな人は、全身もていねいに使えます。

私はバレエダンサーとしてのバックグラウンドもあり、足の筋肉や立ち方に対する独特のこだわりがあります。

だからいつもレッスンで生徒さんの足指をはだしでチェックしています。

足そのものの筋力バランスだけでなく、全身の重心のクセ、上半身の姿勢にまで影響しています。

足はただの踏み台ではありません

足は、姿勢を作るための土台です。

足を見ると、いろんなことがわかります。

だからどんなエクササイズをするにも、見過ごせない大切なポイントなのです。

美しい姿勢をされている生徒さんの中でも、足指やつま先にトラブルを抱えている女性は意外と多いです。

一番多いのは、外反母趾。

ほかに、足の指を折り曲げるクセのある人も多いです。

これらは、足の歪みを引き起こし、膝や腰の痛みなどにもつながりかねないものです。

足の筋力バランスを整えることは体幹や姿勢にもつながってきます。

のちのち講座のコンテンツにも織り込みたいなぁと思いますが…

足は踏み台ではなく、繊細なアートである。

どうぞお忘れなく。(^-^)

骨模型を使って仕事していてふと置いたら、フクロウがじっと不思議そうに見つめていた。。#balletyoga #loveyourbeauty #anatomy #yoga

blog.coruri.info

blog.coruri.info

blog.coruri.info