バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

マルチタスク上手な人ほど「セルフケア時間」の管理も上手。

春はなにかと動きの多い季節。
仕事や新生活の準備で、
同時進行にいろんなことをこなす
「マルチタスク」状態の人もいるでしょう。

特に多くの女性は、
あらゆるものへの気が効くからこそ、
マルチタスクが上手いので、
どんどんこなしてしまうものです。

でも、本当に様々な物事を的確に対処されている人というのは、
自分のセルフケアの時間も、しっかり管理しているのです。

レッスンにいらっしゃる方々でも、生産性の高い女性ほど、実践されている姿を拝見しています。

生物はもともと、
敵・危険から身を守る防衛本能が備わっているために、
周囲の状況に意識が働いています。

f:id:coruri:20160329193216j:plain *1

動物ならば、天敵に見つからないように注意を向けています。

わたしたちヒトは、自分の身に起こる出来事・タスク・心配・悩みなどに意識が向いています。

「あっ、締め切りが近づいてきた…そろそろやらないと。」
「わたしにできるかなぁ…」
「あれから、どうなったかな?」

気づけばあくせくしてしまう人もいます。

生きていく上では必要なことですが、 もっと大切なのは、あなた自身です。

あらゆる物事へ向かっている「意識」を、 時には方向転換させて、 あなたの体の内側に集める必要があります。

 

【Let's take action!】

あなたは「セルフケアの時間」をどのくらい持てていますか?

手帳を開いて、1週間・1ヶ月単位を見渡して、時間枠を書き込んでみましょう。

・目を閉じて、今の呼吸を感じて、体のこわばりがあればストレッチをしてみる。

・3分だけでも、瞑想や、座禅を組んでみる。

これだけでも、深く集中できる人ほど、一瞬で頭を切り替えることができます。

マルチタスクモードに追われていた状態から、
ストレッチやセルフケアをすることで、
意識が体の内側に集中してきます。

すると、結果的に、自分のためにも、周りの人へも、
心を配るゆとりを取り戻すことができ、
日常生活の生産性も高くなる・・・という良い循環をつなぎます。

マルチタスク上手だからこそ、セルフケアの時間管理も上手でありたいですね。(自分にも言い聞かせています♫)

f:id:coruri:20160325014417j:plain

*1:いつかの登山で出会ったオコジョさん。