読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【バレエヨガ】弓のポーズ 〜美しいデコルテと背中をつくる

今日から家でできるバレエヨガ「弓のポーズ」

〜美しいデコルテとしなやかな背中をつくる〜

  • 肩こり解消したい!
  • 猫背の姿勢を矯正したい!
  • 美しいデコルテになりたい!
  • 呼吸が浅くなりやすいから何とかしたい!

こうした人には特におすすめのポーズです。

「マーメイドのポーズ」でおさえた背中を反らす基本 “肩甲骨の間から後屈のカーブをつくる” を、ここでも思い出しましょう。

効果

  • 美姿勢

  • デコルテ

  • ヒップアップ

  • 深呼吸

さあ、やってみましょう!

f:id:coruri:20160516000727p:plain

うつぶせになり、足首を手でつかみます。

脚を後ろにひっぱりながら、上半身を反らして起き上がりましょう。

このときに、「マーメイドのポーズ」で紹介した、肩甲骨の間から反るようにするのを心がけます。

背中を反らす準備ポーズ「マーメイドのポーズ」

左右の肩を外に開きながら後屈(背中を反らす)カーブをつくるようにしましょう。

なぜなら、背骨を痛めないようにすることが重要だからです。

多くの人は、腰だけで反ろうとしてしまいます。すると、腰ばかりに負担がかかります。

しっかりと肩甲骨の間から反ることで、腰痛の予防になります。

デコルテがエレガントになったり、呼吸を深めたりと、良い効果がたくさんある弓のポーズ。せっかくやるならば安全に行いましょう。

どこに力を入れたらいいの?という人は、この画像の矢印に注目しましょう。

f:id:coruri:20160516002718j:plain

脚を後ろにひくとき、おしりもキュッと力が入ります。

また、太ももの裏側(ハムストリングス)にも力が入ります。

ハムストリングスとは、太ももの裏側についている長い筋肉です。

f:id:coruri:20160516002924p:plain

この「弓のポーズ」に代表される背中を反らす系(後屈)は、胸が開くので、呼吸が深まります。

ふだん、猫背になりやすい人や、デスクワーク中などについ呼吸が浅くなりやすい人は、後屈のポーズをするだけで、呼吸がぐっと深まります。

呼吸が深まると、頭もクリアに、気持ちもスッキリしますよ。

さらに後屈をステップアップしたい人は、このようなポーズへ進みます。

↓鳩のポーズ

f:id:coruri:20160516001844p:plain

↓ ラクダのポーズ

f:id:coruri:20160516001755p:plain

これら2つのポーズは、後屈のレベルが深いので、弓のポーズでしっかりと後屈の基本をマスターしてから行いましょう

まずは、弓のポーズを習慣に取り入れてみてくださいね。