読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

思いは届く。「半年、先生の記事を励みにしてきました」という感想に感動しました

とても、とても、うれしい出会いがありました。

大人になってからバレエを始めた女性の方が、レッスンに参加くださって、私のブログをずっと読んでくださっていたとのこと。素晴らしいご感想を頂戴しました。

中でもバレリーナのマインドに関する記事を保存して、バレエ発表会に立つまでの6ヶ月間、ずっとずっと励みにしてくださっていたんだそうです。

「バレリーナのしなやかで美しい生き方」というテーマで、いままでいろいろと書いてきました:

blog.coruri.info

バレエの発表会、いろいろとドキドキしますよね。

ちゃんとできるかな…、この衣装を着て踊るんだな…、舞台ってどんな感じなんだろう…など。

日頃からスタイルや姿勢を気にして体作りをすることもありますよね。

その女性の方は、ブログの写真を携帯に保存して、開けるたびに、バレリーナのマインドを思い出してくださっていたそう。そのお話を聞きながら、感動して涙が出そうでした。

あぁ... あなたに届けたかった。

届けたかった人に、届いていた。

神様からのプレゼントを受け取ったような気分でした。

ブログをはじめた頃は、書くことが「挑戦」でした。

「うーん、書いたけど、誰かに届くのかなぁ〜?」と思いながら書いた時期もありました。

でも、ただひらすら、届けたい人を思い浮かべながら、心を込めて書いていました。

前の記事でも、どんな気持ちで、どんなカフェで、どんな思いで書いたか、かなり覚えていたりします。

〈あなたに届けたかったんです。〉

そんな方に、また1人、出会えました。

いつも、こうしたメッセージをいただくと、タイムラグなんてどうでもいいくらい、使命感に満たされる気持ちになります。

わたしの与えられた命を精一杯つかって、たくさんの方の心輝く瞬間をお手伝いしたいです。

あなたも、心から望む挑戦があったら、

誰になんと言われようと、心の声に素直になって、形にしてみてください。

あなたの勇気を待っている人、あなたの勇気に励みをもらう人は、いま目の前にいないように見えても、どこかに必ずいます。

そして、未来のあなた自身も、今日のあなたに感謝する日が必ずやってきます。

1年後、あるいは10年後先の未来のあなたが、今日挑戦を起こしたあなたに対して、未来から「挑戦してくれてありがとう」と言っているはずです。

f:id:coruri:20160530105148j:plain