読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【バレエ美人塾】バレエの動き プリエ Plié :筋肉を温めて基礎を磨く

バレエ美人塾

プリエは、バレエレッスンにおいて基本的な動作の1つです。ひざを曲げ伸ばしして、レッスンのはじめに体を温めます。なめらかな動きとぶれない体幹をキープできるようになります。

プリエ Plié

f:id:coruri:20160705233247p:plain

プリエ(Plié)とは、「曲げる」「折りたたむ」(bend, fold)という意味です。

このように、ひざを外に開きながら股関節・膝関節・足首を曲げる動きです。

プリエのポイント

  • 脚の筋肉や関節をウォームアップする

  • 回転、ジャンプ、着地などで正しく動くための土台を作る

  • 動きのなめらかさを身につける

  • ひざを曲げても上半身(体幹)を引き上げるコツを身につける

プリエは2種類ある

プリエには大きく2種類あります。小さいプリエと、大きいプリエです。足1番ポジションでのプリエで比べてみましょう。

ドゥミ・プリエ Demi plié は小さいプリエ

f:id:coruri:20160705233247p:plain

こちらはドゥミ・プリエ(Demi Plié)です。Demi とは「半分」(half)の意味。

かかとが床についたまま、ひざを曲げます。

お尻を突き出さないようにして、アキレス腱をしっかり伸ばしましょう。

グラン・プリエ Grand plié は大きいプリエ

f:id:coruri:20160705234341p:plain

グラン・プリエ(Grand plié)は、大きい(Grand)プリエです。

ひざは外向きにしたまま、1番ポジションのかかとを浮かせるくらい深く曲げます。

注意したいのは、かかとを高く浮かせすぎないことです。あくまで、深く伸び上がるための屈伸です。

できるだけ、ぎりぎりまでかかとを床につけておき、自然に離れる程度までにするイメージを持ちましょう。

また、お尻を突き出さないように体幹を引き上げておきます。

よく、お尻を落として座ってしまうような状態になりやすいのですが、座る間も無く伸び上がるイメージを持ちましょう。

グラン・プリエの場合も、途中でドゥミ・プリエの状態を通って、つまりかかとを床につけた状態を通過して屈伸します。

f:id:coruri:20160705233247p:plain

Let's try! プリエの動画

音楽に合わせて動いてみましょう!

バレエを初心者から始めてみたい方はバレエ美人塾へ

バレエ美人塾「基礎から学んでキレイになるバレエレッスン」参加者募集中です。

次回は7月9日(土)17:00〜19:00 新宿駅西口徒歩5分のスタジオです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

blog.coruri.info