読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエの踊りって、「動きの練習」とどう違うの?

先日アップしたバレエレッスンの動画を見てくださったみなさん、ありがとうございます!

これまでとは新しく、レッスン内容を振り返りながら、自分の声で解説を入れてまとめるという新しい試みでした!

メールやLINE@でご感想くださった方もいらして、うれしかったです。一部をご紹介します^^

絵理さんこんにちは♫
ビデオ拝見しました!
バレエの作品にも優しい振り付けでチャレンジできるなんて!近くならきっと参加してると思います。が、無理なのでビデオで真似してみます(^^; 他にも色々参考になりました! ありがとうございました。

ブログもですが自分の知りたかった内容がわかりやすく説明されてるので大変役立ってます。
これからも宜しくお願いします。m(__)m

ご丁寧なメッセージに感激です。こちらこそ、ありがとうございます〜!!

「動画はどうやって作っているんですか?」とたまに聞かれますが、ノートパソコン MacBook Air のFinal Cut Proを使っています。内蔵メモリだけは足りないので、外付けHDDに動画を保存しておいています。動画は容量がとても大きいですからね。

バレエ美人塾だけに限らず、ストレッチ入門講座とか、ヨガ・リトリートなどでもビデオブログ増やしていきたいな〜と思っています。

まだ見ていなかったという方はこちらからぜひ↓

youtu.be

前置きが長くなりましたが、本題です↓

バレエの踊りって、「動きの練習」とどう違うの?

f:id:coruri:20160716134132p:plain

バレエを実際に見たことがあったり、習ったことがあったり、発表会に出たことがある方は、わかると思いますが、まったく初めての方はわからないかと思いますので、少し書いておきます。

バレエ作品は、動いて曲の雰囲気を表現する

バレエの踊りは、バレエ美人塾では「バレエ作品」となる踊りのことを指しています。

前回のレッスンでしたら、「コッペリア」という物語バレエの中のワンシーンの音楽を使いました。

これは、第1幕のスワニルダ(女の子)が踊るワルツの曲です。

スワニルダという女の子のキャラクター(性格・個性・物語のあらすじ・雰囲気など)を表現して、1曲の作品になるものです。

動きの練習は、「体のボキャブラリー」を増やす

バレエは、セリフがありません。多くの物語バレエは、恋愛がつきもの。いろんな人間関係・感情・場面が言葉なしで表現されています。

表現には、いろんな表現手法ができるほうが、多彩なことができますよね。

だから、動きの練習をして、表現できるステップ・テクニック・ポーズを増やします。

これは、外国語の習得に例えるならば、知っている単語が多い方がいろんな文章を話せるのと似ています。

f:id:coruri:20160706023027j:plain

もしも、1〜2つの動きしかできなかったら、1〜2つの単語だけで文を作ろうとしているようなものです。

大好きな人に愛を表現したくても、「Love」「You」とかしか知らなかったら、同じ単語をくりかえすことしかできませんよね。

また、「Love」にもいろんな文脈の「Love」がありますよね。

ロミオとジュリエットの出会ったばかりの二人が熱く激しく恋に落ちていくときの「Love」もあれば・・・

白鳥の湖の白鳥が、永遠の愛を誓ってくれたはずの王子が黒鳥に誘惑され裏切ってしまったときの哀しみの「Love」もあったり。

f:id:coruri:20160701100107j:plain

これを体の表現にすると、同じポーズを表現するとき、どういう感情や雰囲気を伝えたいかで、動きの中の表現が変わってきます。

だから、バレリーナは物語バレエの中では女優なのです。

そうした、役になりきるほど踊りに没頭できるのも、バレエの楽しみの醍醐味なのです。

動きの練習は、筋肉の正しい使い方と動きのパターンをマスターしよう

f:id:coruri:20160706001836p:plain

踊りができるようになるためには、基礎の動きの練習も大切です。

動きを自然に表現するには、正しい筋肉の使い方ができるようになっていないと、怪我をしてしまうこともあります。

また、振り付けを覚えたいときに「ここは、ピケ」「アラベスクからプリエ」「右に3回まわる」などの言葉が理解できないと、覚えられませんよね。

また、バレエの動きには基本的なパターンがあるので、それらを体で覚えていないと、迷子になってしまいます。

「どっちの足が前だろう?」「次はどっちの足から出るんだろう?」「ここは、どっちの方向に回るのかな?」といったことが、基礎の練習をしっかり続けていけば、自分でわかるようになります。

f:id:coruri:20160715212527j:plain

バレエ美人塾では、基礎の動きも、踊りも、初心者の方にわかりやすくレッスンしています。

みなさんと同じ向きでデモンストレーションしているので、「真似をするために同じ方向でできるのでわかりやすかった」というご感想もありました。

はじめは、できなくてあたりまえ。 でも、楽しいという気持ちを味わってほしい。

音楽にのっていたら、いつのまにかたくさん踊ってたなぁ・・・帰り道は充実感いっぱい!

バレエってこんなに楽しいものだったんだ!

と、たくさんの方に気付いてもらえるきっかけをつくること。

それが私の大きな大きな願いです。

バレエ美人塾レッスン 次は8月6日(土)です!