バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

本物に触れる。

もし、あなたの大切なお金や時間を

自分自身に投資するならば、

大切にしていることはありますか?

f:id:coruri:20160901161530j:plain

私にとっては、「芸術に触れること」が、なにより贅沢な投資に思えます。

贅沢だというのは、

単に「お金がかかるから」という意味ではなく・・・

(もちろん鑑賞するにも体験するにも、お金はかかりますが ^^;)

  • 長い人生で、絶対に良い経験になる!

  • 何歳になっても、色褪せない投資になる!

と、本当に思っているからです。

実際に、今まで生きてきた中でも、芸術に触れていたことで役立ったことがたくさんありますし、今の仕事ももちろんそうです。

本物に触れる。

先日も、モネの絵を観ました。

f:id:coruri:20160901161628j:plain

一筆一筆を見て、

愛する妻にも子供にも先立たれ、目の病気にもかかった苦労を跳ね飛ばすほどの

情熱や魂のようなものを、肉眼で見た気がしました。

子供のころに触れたものも、大人になってから思い出すことができる。

いろんなバレエ公演や芸術雑誌や本に触れさせてくれた両親には、本当に感謝しています。

ふつうは、「ゲイジュツ」というと、

「なんか、真面目な感じで、つまらなくいし、難しいな〜」と言われることが多い。

バレエを観に行っても、劇場の椅子で気づいたらスヤスヤ気持ち良く眠っていた〜とかね(笑)。

・難しい ・疲れる ・つまらない

という印象が、圧倒的多数。

でも、本当に、本当に、愛している人もいる。

「本当は、美術館とかアート鑑賞って、うまく言えないけどすごく好き・・・」

「劇場って、特別な時間・・・!」

そういう人は、別に、高ぶりたいとか、見栄を張りたいとかの欲求ではなくて、

純粋に、好きなんですよね。

この記事を読んでくれている、あなたもそうでしょうか。

好きを大切にしましょうね!

f:id:coruri:20160901161818j:plain

実は、私自身こそ

「芸術鑑賞好きな自分」という面を

あまり人に出さないようにしていた思春期がありました・・・

小学校高学年とか、中学生くらいの時って、

学校の友達としゃべる話題がだいたい決まっていたんです。

「何の音楽が好き〜?」とか「芸能人だったら誰が好き〜?」とかの質問。

正直、あまり興味ない自分はいつも困っていました。

バレエダンサーの名前言ってもわからないだろうしなぁ〜、と(笑)。

それでも、友達の話題についていこうとして、 みんなが好きなポップスを聴いてみるとか、 テレビの芸能人を知っておかなくちゃ〜 と、焦っていました。今思うと、いらない努力。

「好きなもの」って、何十年生きても、人生でそう変わらない。

無理しないでいいんだと思えたら、

もっともっと、楽しく、軽やかに、生きていけるとわかりました。

さあ、あなたにとっての「本物」は・・・?

本物に触れる時間、作れていますか。

f:id:coruri:20160901161509j:plain

P.S.

バレエならば、

本格的な舞台公演を見ることももちろんのこと、

自分の体を使ってレッスンを体験することも、

最高〜〜にリアルな学びです。

”百聞は一見にしかず” とはよく言いますが、

100回見たとしても、1回踊ってみないとわからない感動がありますよ。

blog.coruri.info