読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

体を気遣う食事の思い出

夫との長距離な長旅を終えてひと段落、ゆっくりしている週末です。

外食が多かったので、体を整えるべく、昨日も今日も朝から中華粥を作りました。

キノコが白いお粥の中でプカプカしてます。笑

お粥って、病気や熱を出して弱っているときに食べるイメージ

がある人もいると思いますが、

日常でも私はたまにお粥を食べます。

それは、ヨガや、精進料理の食の考え方に出会ったことが大きいかもしれませんが、

自分の中のルーツをたどると(大げさですが笑)

子供の頃から料理が好きでした。

やっぱり、バレエを習っていると、どうしても体のことが気になるので、

「どんな食材を食べたらいいのかな?」

ということを子供ながらにいろいろと考えていました。

子供向けのダイエット本も読んだり、子供向けのバレエ雑誌で料理のページも見たりしてました。

高校生くらいになると、レッスンやリハーサルの時間が長くなり、学校から帰るとそのまま向かって夜までスタジオにいる日がほとんどになりました。

そこで、夕食も家族と食べる時間が合わないのと、リハーサル後で食べられる物がその日次第ということもあり、

母が作っておいてくれたご飯を食べるときもあれば、

帰宅してから家族が寝ている中で、自分でキッチンで料理したこともよくありました。(^^)

友人に話すとびっくりされることもありますが、がんばっていたというよりもその方が気持ちが楽で、体が欲しているものを食べられたので良かったのだと思います。

かなりの運動量をこなしていたので、クタクタで食べる気になれないものがあったりすると、作っておいてくれたものがあっても食べられなくて罪悪感になることがあったのです。

こんなわがままな娘を好きにさせてくれた母には、感謝です。(笑)

そんな生活をしていたので、なんとなく、インスタントやファストフードを食べてもバレエで全力でエネルギーを出し切ることができない、ということも体で感じていました。

体も自然の一部なので。

やっぱり、体を整えるには、自分でその日に体が欲している物を心の声で聞いて、自分の手で作って食べることが癒しになるのだな…

あくまでも、私の場合ですが(^^)

食欲が落ちているときにも、料理をしている最中に、食物からエネルギーをもらっているような感覚になります。

実際どれだけの量を食べたかというよりも、食物とはそもそも命のエネルギーなので、素材の見た目や感触や食感いろんなものからエネルギーを受け取ることが、食べることなのだなぁと私は思っています。

付け加えておくと、もちろん、レストランで丁寧に作られたご飯をいただくことも、とーっても大好きです!

自分ではない、誰かが、心を込めて作ってくださったものを丁寧にいただくことで、

心がとても満たされるのは当然ですよね♡

いずれにしても。

季節の変わり目、体を気遣いながら、食事からエネルギーをもらおうと思います。