バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

一度きりのレッスンを無駄にしないために、ビデオが教えてくれること。

レッスンで「わかった!」と思っても、つい忘れてしまう…そんなことは誰でもあるものです。

先生に説明されてわかったことや、自分の中で腑に落ちたことが、

時間が経つほどに、記憶の彼方に…(笑)

やがて、曖昧になってしまったりします。

忘れてしまうのは仕方がない。

一度覚えたことを忘れないならば、学校のテストでも苦労しませんからね(^_^)

でも、対策はある。その1つが、ビデオで記録に残すことです。

バレエ美人塾プライベートコースでは、個人レッスンを継続していますが、どうしてもレッスンの間の期間が1週間以上空いてしまいます。

それでも、一度きりのレッスンを大切にしてほしいと思っていますし、

みなさんのやる気も本気なので、

プライベートコースではレッスン映像の録画をプレゼントして、自由に復習していただいています。

もっと言えば、映像を見ることとメモに書き起こすことが効果的です。

自分の手で書くと、さらに記憶に定着するからです。

勿論、録画が嫌な方はしませんのであくまでご希望に応じてですが、

みなさんに伺うと「ぜひお願いします!」という答えが返ってきます。

その度、「ああ、本当に真剣に向き合っていらっしゃるんだなぁ」と私も嬉しくなります。

だから、自分だけのレッスンビデオが毎回たまっていきます。

そこには、気づきや理解したこと、その日の進み具合が残ります。

また、できなかったこともわかります。

プライベートコースは理解度や習熟度に合わせて徐々にレッスン内容を変えていきますので、文字通り、毎回が一度きりのレッスンなのです。

みなさん、じっくり見てきてくださっています。

だから次のときに、「ここができていなかったのが気になった」と、私から指摘する前に自分から新たな課題を認識しています。

  • デモンストレーションを見てから動くと遅れちゃうから、見ないでできるようになろう

  • つま先がしっかり立てていなかったから、もっとはっきりルルベできるようになろう

など、自分で課題を認識してから取り組んでいるのです。

何も考えずにやるのと、自分から課題を認識してレッスンにくるのでは気持ちも変わりますね。

その場で理解できなかったことも、後から見ると、冷静に俯瞰できます。

それが、レッスン以外の時間にも上達できる秘訣です。

ビデオが簡単に録画できるくらい、テクノロジーが進化した時代にバレエができる。

その恩恵を有意義に活用していきましょう。