バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

ご感想「大切な音楽が増えて行きます」バレエ美人塾

バレエ美人塾のグループレッスンでは、毎回いろんな演目で踊るレッスンをしてきました。

  • コッペリアより「スワニルダの踊り」

  • 白鳥の湖より「大きな白鳥の踊り」

  • 眠れる森の美女より「花のワルツ」

  • くるみ割り人形より「あし笛の踊り」

  • 眠れる森の美女より「フロリナ王女の踊り」

聞いたことがある音楽も、実際に踊ってみると、自分の思い出になっていきます。

昨日も受講生のご感想に

フロリナ王女も踊れて嬉しかったです。大切な音楽がどんどん増えて行きます♡

とメッセージをくださいました。

そういう体験を楽しんでいただきたくてバレエ美人塾のグループレッスンをつづけてきたので、お言葉とても嬉しかったです。

自分自身が踊ったことのある音楽というのは、やっぱり思い入れが生まれます。

また、音楽のメロディやテンポや曲調も、耳に残ります。

「前奏は短めだから準備しておかなくちゃ」

「ここの音の間が少し長めだな…」

「ポーズの決まる音はこうやってくるんだな」

踊るために、細かいところまでよく聴くようになりますね。

レッスンは終わっても、思い出というのはずっと消えませんので、

踊った音楽の思い出は、あなたのもの

またしばらくしてから音楽を聴いて、

「あのとき楽しく踊ってたなぁ♫」と振り返っていただけたら、最高です♡

12月のレッスンは、くるみ割り人形の「雪の精」!

やっぱりクリスマスですからね♫

儚く舞い散る雪になりきって…(考えるのもわくわく)

次回も楽しく踊りましょうね!