バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

大人からのバレエで回転を練習する方法

バレエ美人塾で大人からバレエを始めたみなさんが、最近は回転技の「ピルエット」にもチャレンジしています。

ピルエットとは、片方の膝を曲げて、駒のようにクルクルっと回ります。

まずは、1回転を安定して回れるように練習しています。

とは、1回転をきちんと回るのもはじめは大変です

ほんの1秒くらいですが、しっかりと片足のつま先立ちで立っていないといけません。

(グラグラしてしまう人がふつうです)

360度を回っても、一切ブレないよう、体の軸をしっかり立てていないといけないからです。

そこで、無理なく練習するには、もっと小さい角度で回ることからマスターしていきます。

1/4回転

いきなり360度を回るのは難しいので、はじめは、90度=1/4回転からやってみます。

真横まで回るということです。

これで、まっすぐ正面に立つだけではなく、回転軸をつけていく意識を持ちます。

軸足にのって、ボディも軸足側の右・左半身を立てる練習をします。

1/2 回転

90度=1/4回転に慣れてきたら、その倍の180度=1/2回転をやります。

真後ろまで回ることになります。

先ほどよりも長い時間まっすぐに立てていないと、真後ろまで到着できません!

あげたパッセの足(膝を曲げて軸足の膝につま先をつけた形)を、回りきるまで落とさないようにします。

1回転

片足でつま先立ちして回ることに慣れてきたら、1回転を練習してみます。

こうして、小さい角度から回る練習をしていくのが大切です。

バレリーナは一瞬で回っているように見えるので、適当にやってるのかと思いがちなのですが、

この細かい練習を体験すると、みなさん、

「適当に回っているんじゃないんですね!」

と言われます(笑)。

きちんと基礎の立ち方をマスターして、

小さい角度からも細かく練習していくことで、

しっかりと回るテクニックを整えていくことができます。