読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエの歩き方&走り方は、ひざとつま先を遠くに伸ばす。

f:id:coruri:20170105180309p:plain

大人の方がバレエを踊ってみると、質問になりやすいのが、

「どうやって歩けば・走ればいいのですか?」

ということ。たとえば「ココからココまで走ってきてね〜」とかんたんに指示が出ても、「歩くって〜、どうやって??」とドギマギしてしまう人がいっぱいいます。

たしかに、「普通の歩き方・走り方では変だし、バレエらしく歩くってできないのよ〜」という方が多いはず。

たとえば、このポーズから、上手奥(舞台から見て右を上手(かみて)と言います)に下がるとしましょう。

f:id:coruri:20170105180302p:plain

実際の踊りの映像から切り出したコマを見てみましょう。

f:id:coruri:20170105180306p:plain

1歩目、ひざを伸ばしてつま先立ちに乗ります。つま先も伸ばしています。

f:id:coruri:20170105180309p:plain

そのあとの足も同じ。前に遠くに、伸ばしていきます。

f:id:coruri:20170105180313p:plain

前に伸ばす足は伸ばし、かかとは浮かせて背伸びするように歩きます。足を前に出す時に、ひざを曲げて沈むように歩くのではなく、背を高くして伸び上がるように歩きます。

f:id:coruri:20170105180330p:plain

移動し終わった後も、休まず、かかとでベタッと立つのではなく、そこでポーズに立ちます。

いかがですか。ゆっくり分析すると、このようにひざとつま先を伸ばすことが大事です。

初心者の方は、前に出すひざをきちんと伸ばすことを心がけましょう。

日本人の歩き方は特にひざを曲げやすいクセがあります。

なので、バレエを始めたばかりの方には、かなり意識しないと、自分が気をつけていても曲がっているように見えてしまうくらいなのです。

走るときも、基本は同じです。しかもかなり早く走ります。だからといって、陸上選手のように本気な走り方に見えてしまってはいけません。そのために、前にひざを伸ばすようにすると、軽やかな足さばきになっていきます。

f:id:coruri:20170105180309p:plain

↑特に、1歩目よりも、2歩目の足が油断しやすいので気をつけて・・・(後ろから出す瞬間)

大人バレリーナのみなさま、今年は足さばきもバレエらしく磨いていきましょう。