読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

本質的な努力は、裏切らない。

新年になってから、1月が早くも2週間経ちましたね!

連日にレッスンが入っていたのとイレギュラーな仕事も入っていたので、更新が空いてしまいました。

プライベートコースの受講生さんも、新年明けて、お1人ずつまたレッスンを再開しています。

スケジュールの都合で間が空いてしまう方もいますが、ご自分のペースで楽しく続けられることが一番ですので、仕事や他の事情などにも柔軟に対応しています。

ちょうど海外のダンサーの方々にふれる機会があり、ここ数日は大いに刺激を受けました。

どんなに偉大で世界的に著名なダンサーであっても、

完璧な人間というのはなかなかいないからこそ、やっぱり努力をしているもので…

「あの人はきっと完璧なんだろうな」と思うような人でも、やっぱり本人は細かいところに配慮しているのですよね。

それがあまりにも自分とは違うレベルに感じてしまうと、

「なんかもう、住む世界が違う…」と感じてしまいがちですが、

「やっぱり同じ土俵にすぎないんだ」と、まっすぐ受け入れることが、本当のスタート。

もし反対に「自分とは世界が違うから…」と思ってしまえば、それまで。

生まれつきの体型が違うとか、経験が違うとか、センスが違うとか、言い訳しようと思えばいくらでもできますよね。

でも、「同じ土俵で自分も進んでいこう」と思える人は、

たとえ、どんなに歩むスピードがゆっくりでも、

一歩の歩幅が小さくても、

その人にしか出せない世界観・ゴールに、必ず近づいていく。

この、「近づいていっている」ということが、一見ちっぽけなようで、すごく大切な事実。

「自分には住む世界が違う」と思ってしまったら、近づくどころか離れているだけ。ベクトルが正反対です。

人生で好きと思えるものに出会えたのならば…

離れて避けるよりも、まっすぐ突き進んでいこうではありませんか。

本質的な努力は、どんな人も、裏切らないのだから。

そんなことを、

偉大なバレリーナたちの姿と

大人からバレエを始めた受講生さんの姿とを

連日見つめながら、

冷静に、素直に、しみじみ感じました。

抽象的な表現で伝わりにくいかもしれませんが、とても心に残ったので書いておきます。

私自身も、逃げずに、これからも挑戦していきたいと思います。