バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエシューズに左右はある?

「バレエシューズって、右と左は決まっていますか?」という質問。

基本的に、左右はありません。

一足分のどちらとも、同じ構造です。

(一般的な話なので、特殊なシューズはお店で確認してくださいね)

左右を決めて履くかどうかは、ダンサー自身の好みです。

私はバレエシューズの左右はあまりこだわらないことが多いです。

左右を決めるときは、見分けがつくように、インソールに油性ペンなどで小さく目印を手書きします。

(オモテ面には書きません。子供のシューズの名前も内側に書きます。)

ずっと履いていると、指の長さや足の形に合わせて、新品のシューズが少しずつなじんできます。

たとえば、親指が特に長い人は、親指側の生地が伸びてきたりして、それで履きやすいと感じる人もいます。

皮製のシューズは、足に形がなじむとフィット感は良くなることが多いです。ふつうの革靴でも、足になじむと履きやすいですよね。

(皮とは言っても、ローファーなどは違って、とても薄くて柔らかいですが。)

一方で、左右交互に履いていて、気にならないダンサーも多いです。

昔の先生からは、物資が少ない時代にバレエシューズを少しでも長持ちさせるよう両足を替えながら履いていた…という話も聞いたことがあります。

なので、好みですね(^^)

お好きな方で履いてみてくださいね。