読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【バレエBefore&After】腕を後ろに開きすぎるとどうなる?

バレエは基本のプリエ、タンデュなどのシンプルな動きを練習する時、はじめは手を横にします。 手を横に広げるのはとてもシンプル。でも、ついつい開きすぎてしまうことが初心者のの方にはよくあります。

2枚の写真を見比べてみてください。

左は、ボディの中心からみて、真横よりも後ろに開きすぎています。

右は、腕が丸くなっていて、前寄りになっています。(ボディの向きが少しのズレているのはご了承ください。)

このように、バレエの手はやや前めに開きます

こうした腕の作り方を「構え」とも言います。

良い構えができていないと、基本がいつまでもできませんし、体の軸もグラグラしてしまうのです。

腕を開きすぎないようにするには

Before

腕が広がりすぎて、正面から水平方向に180度以上開いているような状態。これでは、ばれえのポールドブラ(腕の運び)を練習していくのに形が崩れています。

After 肘を真横よりも前にキープする

腕を横に開いてキープするときは、肘が真横よりも前になるくらいを目安にかかえましょう。

なにか、大きなビーチボールを抱えるような、腕全体を前に抱えるようにします。

二の腕と肘の角度に敏感になる

初心者で腕の力が弱い人でも、形をまねすることは割とすぐにできますね。

でも大変なのは、それをキープすることなんですよね。

「二の腕と肘が、今どんな角度・高さかな?」と、気をつけ続けることで、バレエの手の運びが綺麗になっていきます。

「足のことを考えていると腕のことを忘れてしまう」ということもあるでしょう。それは気をつけていても仕方ないですが、慣れていくうちに減っていきます。

バレエの手の練習、慣れてきましたか?

楽しく続けていきましょうね!