バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエはわかるほど美しくなる。レッスンのコミュニケーションの大切さ

バレエは、わかった!を積み重ねるほど美しくなります。

なぜなら、バレエは体で美しさを作る合理的な方法を凝縮しているからです。

だから、いかにわかりやすく、かみくだけるか?に私は一番重きを置いています。

(もし、学校でも、勉強して理解するほど美しくなる科目があったら素敵ですね^^)

たとえば、学校の勉強というのも、「わかった!」という瞬間ってありますよね。

ちょっと難しそうに見えた算数の問題が正解すると、「わかった!」とニコニコ嬉しくなりますよね。

私にもできるんだ〜!とウキウキしてきます。

バレエの踊りも、同じく、「わかった!」という瞬間がやってきます。

算数の問題よりは、正解にたどり着けたと実感できるまでの道のりが長いかもしれませんが(笑)。

かみくだけば、メカニズムはたいてい誰でも理解できます。

(もちろん、筋力や可動域の個人差は踏まえた上です。)

そこで、かみくだく度合いというのが大切で、私は静止画のコマ送りのように分解します。

すると、コマ送り状態なら初心者の方でも1つずつ真似をしていけばいいので着いてくることができます。

あとは、音の速さに合わせていけるように慣らしていけばいいのです。反復する間に、間違って動く癖が生じやすいので、その度に修正していきます。

レッスンがわかりにくいという場合、多くの原因は、コミュニケーション不足です。

よく私のレッスンに来られる方でお悩みになることも、多くはレッスンでのコミュニケーションが上手くできておらず、質問できなかったり、説明が不足していたり、自分のレベルに見合うコミュニケーションが取れていないから。

コミュニケーションするには、時間も集中量も必要になりますが、それだけのエネルギーを注げば、伝え手と受け手がお互いに歩み寄ることができます。

私にいただくご感想で一番多いのは「わかりやすい」という言葉です。前からよく頂くご感想だと思いましたが、最近ご感想のリアクション数が増え、より客観視しました。

その根幹には、コミュニケーションの深さがあるからであり、私のアウトプットする力量だけでなく、受け手となってくださるみなさんが心を開いて受け取ってくださるからこそ成り立っています。

なので、こうしてこのページを読んでくださって、私に心を開いてくださっているみなさん、ありがとうございます♡

方法を伝える仕事をしているので「わかりやすい」と言って頂けることは何よりなのですが、

仕事だから嬉しいというよりも、

私の性格としてすごく嬉しいです。

「わかった!」という感動を分かち合いたい。

美しさを作る方法を知って、自力で実践できたときの喜びを分かち合いたい。

そこに理由はいらなくて、性格からくる喜びといっていいくらいにうれしいのです。

だから、もっと私も精進します。

みなさんも、どんどん美しくなってください。

みなさんがバレエを理解して美しくなることが、私には本当にハッピーにさせてくれることなんです。