バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

個人レッスンだからできる、バレエ歴0年から始める人へのコーチング

f:id:coruri:20170402210122j:plain

「バレエを始めてみたいけれど、周りの人についていく自信がない

という大人の女性の方って、実は多いです。

その背景には、みなさんのいろんなお気持ちがあります…。

初心者の抱えやすい悩み

  • 動きを覚えることが苦手

  • 学校の体育でダンスの授業があったけど、より苦手意識が高まってしまった(←けっこう多い)

  • 運動神経がついていけるか不安

  • 踊る気持ちになりきれない・踊る自分自身がぎこちなく感じる

  • 自分のスタイルでバレエをやるのが恥ずかしい

  • バレエは美しい人だけがやっていいもの…という思い込み

などなど、みなさんいろんなお気持ちを抱えていらっしゃいます。

でも、個人レッスンだから、周りの目を気にしなくても良い。

自分のペースで楽しんでほしい。そんな想いを大切にしてプライベートコースをやっています。

いきなり踊るといっても、はじめからみんなできる人なんていません

人によって、柔軟性も、踊りへの感覚も、性格も、みなさんバラバラです。

なのでその方の体質・経験・目的に応じても、指導の内容は変わります。

バレエ経験ゼロからコーチングする場合の例

たとえば、まったくゼロからバレエを始めて、踊るということを定着させる段階の方へは、こういった流れを書き起こしてお渡しすることもあります。

バレエを踊った経験の長い方は、口頭で振付を言われた時に、頭の中で組み立てることができます。

「いま、こういう流れでやるんだな」と、頭の中で設計図が出来上がるのです。

でも、まったく初めて踊っている人にとっては、頭の中で設計図を描きようがありません。

初めてだから、流れがわからなくて当然です

バレエの振付を書き起こすということも、まったく初心者の方にとっては自力では難しいことです。でも、学校の授業と同じように、しっかりと習えばやがて自分でもできるようになります。

だから、受講生さんの状態に合わせて、アウトプットの仕方を変え、少しでも受講生の理解が深まるようにしています。

個人レッスンだから、別に誰に迷惑をかけるわけでもありません。自分のためのバレエの時間として、少しでも上達ができるように、お一人お一人に合わせたコーチングを行なっています。

バレエ経験が少しある方への場合

バレエが少しでも経験のある方は、なかなか集合型のレッスンでは習う機会を得にくい、その方が今の限界を超えるための上達のコツに集中していきます。

集合型のレッスンは、全体のレベルに合わせないといけませんが、一般的にはレベルの下の層にあわせざるをえない側面があります。

なので、もっと上達したいという人には物足りないこともあるでしょう。

そうしたときに、効率的にその方のレベルに合わせたコーチングができるのも、個人レッスンのメリットです。

自分のためのレッスン

個人レッスンだから、できること。

もっともっと、みなさんと掘り下げていきます。