バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

言葉は体を変え、心を変える

みなさん、こんばんは。5月も最後。真夏のような日差しと、夜風の涼しさが心地よい季節になってきましたね。

今日は、「言葉の力」について。

みなさんは、言葉の力って考えたりしますか?…唐突な質問ですね(笑)

言葉は、日常会話でコミュニケーションするためのもの、と捉えている人も多いと思います。

私にとって、言葉とは、体を変え、心を変える

それほどパワフルで、強力な存在だと思っています。

言葉は、見えないものを知る手がかりになる

バレエヨガにおいて、体の使い方を学ぶためには言葉は欠かせない存在です。

みなさんにブログや動画で体の使い方を伝えることができるのも、言葉があるからです。私の体を切り開いて筋肉や骨の並びを見せられたら便利ですが、それにも限界があります(笑)。

皮膚の中の見えないところを知りたい。理解したい。そのために言葉が役に立ちます。

とはいえ、もちろん、言葉だけではすべてを包括することはできません。映像や、イラスト、図式といった、文字以外の視覚情報も重要です。

それでもやはり、文字で表す言葉は、人間が発明したとても便利なツールですよね。

初めて会った人に自分の名前を伝えるにも。愛する人に気持ちを伝えるためにも。何世紀前の偉人の本を読むためにも、言葉が介在しているからです。

言葉は体を変え、心を変える

子供時代からバレエを学び続けていた中で、特に大事に感じていたのが言葉の力でした。引越しが多かったので、やむをえず住む土地を転々とし、そのたびにバレエ教室も変わり、結果たくさんの先生方にお世話になりました。

子供ながら気づいたことは、同じことを伝えるにも、言葉の選び方で伝わり方が変わる ということでした。

そういった原体験もあって、今はこうしてブログ・動画で配信をしながら、みなさんの変化を知ることで、言葉の力を再認識しています。

特にレッスンでお会いしていない方々からも、具体的に納得できたこと・体に起こった変化などを書いて送ってくださることがとても多いです。

それらを総括して眺めてみると、やはり言葉が体を変えているのです。

ひいては、心が変わっているケースもあります。自信がわいて、日常生活にもポジティブな循環が生まれていることが文面から伝わります。

言葉はあなた自身を変える力を持っている 私はそう思います。

自分を高めてくれる言葉を選ぶ

言葉が変われば心が変わる
心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
ウイリアム・ジェームス

言葉が心に働きかける力についても考えてみましょう。

あなたが日常でふれる「言葉」とは、誰かが発する言葉だけではありません。自分の中のひとりごと(セルフトーク)のほうが、数は圧倒的に多く、1日で6万もの思考(つぶやき)が浮かぶとも言われます。そのうち80%がネガティブな内容だという調査結果があるそうです。*1

ランチに何を食べようか考えたり、鏡に映った自分を見たり、仕事中の悩みなど、日常のいろんなひとりごとが、あなたをつくる言葉になっています。

言葉は、あなたの体を変え、心を変えています。今この瞬間も、あなたの心の中に浮かぶ言葉があなたになっていきます。

だからこそ、自分を高めてくれる言葉の中に身を置きましょう。

何か身につけたいことがあるならば、自分を前向きに後押ししてくれる言葉に触れましょう。

ちょっと疲れたならば、ほっと一息ついて休まる言葉に触れましょう。

毎日の体調・気分は、意思に反する不可抗力もあるので、100%のコントロールはできないこともありますよね。

でも、日々どんな言葉に触れるかは、あなた自身が選ぶことができます

ふだん目にしているメディア(テレビ、ラジオ、インターネット、本、雑誌、ソーシャルメディア)でも言葉に触れていますし、自分の心から発せられる言葉もあります。

本当に自分を高めてくれる言葉を、自分自身に浴びせてあげること。

一日中はできないとしても、たとえ5分でも10分でもいいのです。

もちろん無意識に「あ〜やっぱりだめだ」「私はどうせ」などと浮かんでしまう日もあるでしょう。私も生身の人間ですので、弱ってしまうことも時にあります。

言葉はあなたを日々変えています。あなたの心身をエネルギッシュにさせて、純度を高めてくれる言葉に触れましょう。

私も、より一層みなさんへの言葉をパワフルに届けていきたいからこそ、まずは自分から、と思っています。

体を磨くためにも、言葉も磨いていきましょう!