バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

空と大地へ伸びるように体を大きく使う

バレエでもヨガでも、レッスンの中では、体を大きく使うことをお伝えしています。

イメージのヒントに、この写真を見てみてください。先日、飛行機にのったときの景色です。

大地と空に、広い空間を感じませんか?

体を使うときに、体を大きく使うためには、具体的にどんなにイメージしたらよいか。

まず、足の裏では、地面を感じます。

感じるといっても、どのくらい感じるでしょうか?

触っている表面だけではなく、地球の内部まで感じるくらいに、大地の深くを感じます。

「そんなにイメージするの?」と思うかもしれませんが、想像力で感じていることは、体の表現に表れてきます。

「こんな程度で」と力を抜いていれば、それが見ている人にも伝わるくらい、ダンスの体は素直に語ります。

地面はどこまでも深く。

そして、反対に、頭は空高くを感じます。

空というのは、空高く飛ぶ鳥や、または飛行機に乗っているかのように、見下ろすくらいのつもりで。

下から見上げる視点だけでなく、上から見下ろす視点も有効です。

よく、「上に伸びましょう」というと、ふわふわとして止まれない人がよくいます。あなたもそんなことはありませんか?

それは、上方向にだけ伸びているからです。

下を感じられるから、上に伸びることができます。

体の使い方においては、イメージトレーニングも重要です。

細かい筋肉の使い方・解剖学だけでなく、あなたにしっくりくるイメージングをたくさんストックしていくようにしていきましょうね。