バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【バレエ】良い姿勢のウォーキングで体力づくりを!

6月も後半になりました。雨が降ったり真夏のように暑かったり、気温変化が激しいですね。

天候の変化は自律神経系も乱れやすく、体が疲れやすい時期でもあります。

ただ、少しでも体力を整えておきたい…というみなさんへ。バレエの合間に、ウォーキングのススメです。

私も数年前に整体の先生から歩くことを勧められて、よし歩こう!というときにはシューズに動きやすいウェアで歩くことに集中して時間を取っています。

歩くペースはそれぞれでいいと思いますが、とにかく良い姿勢を保つこと。

これがバレエにも良いエクササイズになります。

暑い日もあれば、涼しい日もありますし、その日の体調によって、足取りが変わるのは自然なこと。

それよりも、とにかく姿勢に意識するのは、歩くペースに関係なくできることであって、やはり姿勢を伸ばして動いていると深呼吸もしやすくなり、ヨガでいう「ハートを開く」(胸と肩を開く良い姿勢のこと)に近づきます。

そして、こういった軽い運動とは、「アクティブレスト」といって疲労回復も促してくれます。寝て安静にするのは静的な休養ですが、軽く動いて呼吸と血流を良くすることで動的に休養できるというスポーツ科学の考え方です。

みなさんも、毎日きっと歩いていることと思います。

仕事の帰りや、お出かけの最中にも歩く時間はあることと思いますが、思い切って、ウェアとシューズにスマホのみ、と身軽になって歩く姿勢だけに集中するのとでは、意識が変わります。

たいした消費カロリーではないとしても、ストレスが軽くなったり、引きこもって運動不足なことを悩むよりもずっとメンタル的にヘルシーになれます。

私は20代の前半にメンタルの不調を長く経験したこともあるので、それからはこういった何気ないウォーキングやヨガ・ストレッチなどの重要性も見過ごせなくなりました。

一歩一歩を踏みしめて、呼吸を感じることで、マインドフルネスにもなりますね。

頭でっかちになってしまったときには、ウォーキングして体の感覚に意識を研ぎ澄ませましょう!

天気のゆらぎやすい季節も、心落ち着けて、乗り切っていきましょうね。