バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

ダンサーの脚力をつける筋トレ - ロンデジャンブアンレールのコツ

f:id:coruri:20170721172338p:plain

脚を上げてキープしたい、という人にオススメのバレリーナのエクササイズがあります。バーレッスンでよく行われる、ロンデ・ジャンブ・アンレールというテクニックです。バレエ教室でなかなかうまくできないという人は、ぜひコツをつかんでいきましょう!

ロンデ・ジャンブ・アンレールとは

膝を曲げて横に持ち上げ、つま先を伸ばしたまま、膝から足の部分を曲げて細い楕円を描くように動かして横に伸ばします。

膝の高さをキープ!フェッテの練習にも

f:id:coruri:20170721172444p:plain

やってみるとわかるのですが、効くのは脚だけではなく…全身運動です。

バレエ初心者の方は、割と苦しいかもしれませんので、だんだん慣れてきたらトライするくらいでOKです。

膝を曲げ伸ばしするので、脚力と体幹の筋力が無いと、脚が落ちてきてしまいます。

太ももの高さを変えないよう、お尻や内ももの筋力も働かせて膝を横に張っておく必要があります。

ロンデジャンブアンレールの筋力は、バレエの回転技フェッテ・アントゥールナン(16回転、32回転などの連続回転技)の基礎練習になります。

フェッテ・アントゥールナン↓

フェッテのような、脚の角度を回しながら膝を曲げ伸ばしする脚力づくりにも、ロンデジャンブアンレールは役立ちます。

上半身を倒さないように、背すじを伸ばして脇を支えて行いましょう!

f:id:coruri:20170721172613p:plain