バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

今ここにいてくれるだけでいい

何もしなくていい
そこにいてくれるだけでいい

無理をしなくても
大きく見せようとしなくても
強がろうとしなくても

あなたが
いてくれるだけでいい

何をしていても
何もしなくても

生まれてきてくれて
生きていてくれて
ありがとう

何もしなくていい

そうやって人を認めたり、愛して受け入れたことはありますか。

厳しい人は、「何もしなくていい」と思えないかもしれません。

その背景には、必死で頑張って努力していないと、認められないという恐れがあるのでしょう。

赤ちゃんが生まれてくるとき、お母さんは「生まれてきてくれてありがとう」と思ってくれています。でも、生きているとついつい忘れてしまうのです。

勇気を出して、人も、自分も、
愛してみましょう。

何かをしなくてはと焦燥しているときは、「何もしなくてもいい」というくらいまで認めるのには勇気がいります。

何かをやることで安心を得ているならば、何もしないとは自分でコントロールできなくなるかもしれないからです。

人にとっての無上の幸福は、条件も理由もなく、ただ存在するだけで幸せを感じられること。

ヨガ哲学でそういう話を聞いて、私の中で、幸福の定義が変わりました。

もし、あなたが人に「あなたが生きているだけでわたしが幸せなんだ」と言われたら、これ以上ない幸福感に包まれるはずです。

だから、大切な人に「何もしなくていい」と受け入れ、愛してみてください。

何もしなくていい、あなたが生きているだけで、わたしは毎日感謝しているのだと心から感じることができれば、あなた自身が生きていることも同じように感じられるようになります。

勇気を出して、愛してみましょう。