バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

くるみ割り人形 《金平糖の精》の音楽のひみつ - 天使の音色 チェレスタ

クリスマスになると、あちこちで聴こえてくる、くるみ割り人形。

なかでも「金平糖の精」の音楽って、高くて変わった音だなぁ…と思いませんか?

キン、カン、…と高い金属のような澄んだ音ですよね。

正体は「チェレスタ」といいます。

《天使のような》という意味をもっていて、素敵な名前ですよね!

見た目は、ピアノに似ています。

作曲したチャイコフスキーは、当時新しく誕生したばかりのチェレスタを使って、音色で印象をつかむために選んだのだと言われています。

素敵な裏話で、ますますバレエが好きになりますね♪

こちらの画像は、静岡県浜松市の楽器博物館にて撮影しました。(撮影OKなのです)

楽器が主役のステキなミュージアム。前にレポートしています。

また行きたいな♪