バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【バレエ美人塾】デガジェ Dégagé (グリッセ Glissé):太ももの引き締め効果バツグン

バットマン・デガジェ(グリッセ)は、バレエの基本的な足の動きの1つです。内もも、つま先、足裏を鍛え、しなやかな脚になります。

バットマン・デガジェ Battement Dégagé

f:id:coruri:20160713233543p:plain

バットマン・デガジェ(Battement Dégagé)とは、足を早く45度くらいまで上げ下げする動きです。

つま先が床と離れると同時に伸ばす

足を滑らせながら、つま先が床についたバットマン・タンデュを通過して、床から浮かせます。

似た動きでも流派によって名前が違う、デガジェ、グリッセ、ジュッテ

ジュッテの解説を見た方は気づいたかもしれませんが、動きが似ています。

この動き、いろんな先生のクラスを受けると、似ているのに呼び名が違います

理由は、もともとバレエには、フランス・ロシア・イギリスなどの各国で流派があり、厳密にいうと定義に違いがあり、名前が違うからです。

それでも、動きはほとんど似ています。

初心者の方は、細かい違いを気にしなくて大丈夫です。

タンデュの延長で、低めに足を浮かせるものと、覚えておきましょう。

バレエ用語の意味

  • ジュッテ(jeté):投げられた(thrown)

  • グリッセ(glissé):すべる(glide)

  • デガジェ(dégagé):解放、軽快な(disengaged, released)

リズミカルに動かして、太ももを引き締めよう

デガジェでは、内ももを鍛えることも大切です。

こちらの動画では、1番ポジションで横方向に早く動かす練習を紹介しています。

少しずつ、リズミカルに動かせるようになりましょう。

踊りで素早いジャンプやステップができるようになります。

バレエを初心者から始めてみたい方はバレエ美人塾へ

バレエ美人塾「基礎から学んでキレイになるバレエレッスン」参加者募集中です。

次回は8月6日(土)17:00〜19:00 新宿駅西口徒歩5分のスタジオです。

詳しくは、こちらをご覧ください。

blog.coruri.info