読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

クドゥピエ(クペ)の基本

YouTubeバレエレッスン Before & After

バレエで脚を動かす感じを覚えてきたら、ひざを曲げる基本の形も覚えていきましょう。

つま先をひざまで持ち上げる「ルティレ」(≒パッセ)という形を前に紹介しましたが、セットで覚えたいのが「クドゥピエ」、または「クペ」です。

つま先の高さで、名前が違いますので覚えておきましょうね。

クドゥピエ(クペ)とは

ひざを横に開きながら曲げて、つま先を内くるぶしの上あたり(足首)につけます。これが、「クドゥピエ」という形です。

「クペ」とは、もともと「切る」という意味で、クドゥピエの形に足先を持ってくる動きのことを言います。なので、クドゥピエもクペも、同じ意味で使われることが実際には多いです。

前につけるとき

メソッドにもよりますが、もっと足裏を巻きつける形もあります(また今度紹介します)。

後ろにつけるとき

足首自体の形は同じまま、後ろにつけます。かかとが軸足について、つま先は離れるようになります。

前のクドゥピエで、かかとを浮かせるのが難しい

特に初心者に多いのが、前のクドゥピエでかかとが軸足に乗っかってしまう(体重をかけてしまう)ことです。

バランス取るの、難しいですよね…(みなさん同じです!)

コツは、軸足に完全に立ち切ることです。

つまり、骨盤が動足の方に倒れないように、軸足の上にきちんと乗っかるように立つこと。

すると、動足のつま先には体重をかける必要がなくなります。

ヨガ経験者の方は、「木のポーズ」でかかとをつけることに慣れていると思いますが、バレエではルティレもクドゥピエも、かかとを自分の筋力で浮かせます。

これはお家の狭いスペースでも練習できるので、バランス取れるように(手を離してもキープ目指して…)頑張ってみてくださいね。

動画で解説を見る↓