バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【筋肉が硬いってどういうこと?】柔らかく質の良い筋肉を育てる方法

f:id:coruri:20160825172121p:plain

肩こりや、腰、立ち仕事後のふくらはぎなどで、筋肉が硬くなっていませんか。

また、「硬い筋肉」「柔らかい筋肉」ってどういうことなんだろう?と、思ったことはありませんか。

デスクワークなど長時間同じ姿勢をとり続けたり、運動不足・ストレッチ不足でいると、筋肉の弾力性が失われ硬くなります。筋肉自体も動かしにくくなります。

柔らかい筋肉を保ち、しなやかで疲れにくい筋肉をつけていく方法を知っておきましょう。

筋肉が硬いってどういうこと?

「筋肉の硬さってなんだろう?」という素朴な疑問。実はブログの読者さんから、先日こんな質問をいただきました。

マッサージを受けたら、筋肉が硬いと言われました。 そもそも、「硬い筋肉」「柔らかい筋肉」とはどういうことなのでしょうか? これまでは、レッスンをしながら、筋肉をつけたり、柔軟にしていく…と言う事しか考えていなかったのですが、確かにふくらはぎなどが硬くなった気がします。 ムキムキではなく、しなやかに筋肉をつける方法を教えてください。

ありがとうございます。質の良い筋肉ってよくわからないですよね。でも、実は、多くのバレエダンサーも大切にしていることです。解説していきます。

「体が柔らかい」と「筋肉が柔らかい」

筋肉をトレーニングする上で、ちょっとわかりにくい「柔らかい」という言葉。

こちらの図を見てみてください。

f:id:coruri:20160825170957p:plain

たとえば、左のように、ストレッチの可動域が広いと「柔らかい」という意味を使いますよね。

でも、右のように、手で触った時の筋肉の感触・弾力性に対しても「柔らかい」という表現をします。

これは、筋肉&筋膜の弾力性です。

柔らかい筋と硬い筋の違い

f:id:coruri:20160825171011p:plain

筋肉が硬くなると、体をしなやかに正しく動かすことができなくなってしまいます。

わかりやすくイメージしてみましょう。

実は、わたしたちの体にあるすべての筋肉は、他の筋肉との間を滑っています

運動する時に、筋肉は収縮したり、伸展したりしますが、隣の筋肉と滑ることができるから、筋肉が動けます。

もしも、ある筋肉が伸びたいのに、隣の筋肉と滑らないでひっかかってしまったら、動かしにくいですよね。

滑りやすさを妨げられてしまうと、筋肉は本来のパフォーマンスを発揮できません。

この滑りやすさに影響しているのが、ヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸というと、お肌のモチモチ感や保湿感を生み出すイメージですが、筋肉も滑りやすくしてくれています。

でも、悪い姿勢で偏った負荷をかけたり、長時間同じ動作を続けると、ヒアルロン酸がこり固まってしまい、筋肉が滑走しにくくなります。すると、筋肉の伸びも収縮も妨げられてしまうのです。

しなやかな筋肉をつけるには、柔らかい質の良い筋肉を目指しましょう!

肩こり・立ち仕事・デスクワークで、筋肉は硬くなりやすい

f:id:coruri:20160825171028p:plain

硬くなってしまった筋肉をケアするには、主にこの3つが効果的です。

  • ストレッチ(肩こり解消ストレッチなどを参考に)
  • 温める(クーラーや薄着で冷やさない。ゆっくり入浴する。など)
  • マッサージする(軽くさするだけでも血流が上がり、柔らかくなっていく)
  • 運動するときの呼吸を深める(無呼吸にならないように気をつける)

たとえば、こんなパーツが硬くなりやすいですよね。あなたは大丈夫ですか?

  • 肩 (肩こり・四十肩・五十肩などが原因)
  • ふくらはぎ (長時間の立ち仕事でストレッチなどをしないと硬くなりやすい。年齢とともに静脈の血流が滞りやすいので気を付けましょう)
  • 腰 (デスクワークやストレッチ不足などが原因)
  • お尻 (椅子に座っている時間が長いほど、こりやすい)

気になるところは、こちらのストレッチなどを参考にしてみてくださいね。

blog.coruri.info

バレエダンサーがしなやかな筋肉を育てる秘密

昔、プロとして長年活躍されている男性バレエダンサーのふくらはぎを触らせていただいたことがあります。

とても柔らかい筋肉でした。

男性ダンサーといえば、ダイナミックな運動量ですので、ムキムキになっておかしくないようなアスリートのパワーを出しています。

それでも、筋肉はやわらかくしなやかであることで、疲労が残りにくくいつでも高いパフォーマンスができるようになります。

他のスポーツと比べて、バレエは特にしなやかな筋肉をつけるエクササイズです。

その理由は、筋トレとストレッチのバランスがとれていることと、筋トレのようなトレーニングであっても呼吸を止めないこと、バレエダンサーの日頃のセルフケア(ストレッチ・マッサージ)ができていることが大きいのではないかと思います。

ストレッチなどで質の良い筋肉を手にいれよう

ここまで長々書いてしまいましたが、

しなやかで筋肉を育てるイメージ、湧いてきましたか?

気持ちが高まってきたら、今日からはじめましょう!

ストレッチや、マッサージなどを心がけることで、硬い筋肉も、質の良い筋肉へと変わっていきます。

もっと運動しやすい体になり、運動することが楽しくなっていくはずです。

良いサイクルが回っていきますね!

これに関連した素朴な質問やリクエストなどありましたら、ぜひお待ちしています。

しなやかな体づくり、秋からもがんばっていきましょう♫