バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

ヨガでゆっくり動くと良いこと(2)疲労回復・美肌をつくる副交感神経を味方に!

f:id:coruri:20150207152050j:plain

「2. 副交感神経を優位にして体をリラックスさせる」について。

  1. 呼吸と合わせて体をあたため、怪我を防ぐ
  2. 副交感神経を優位にして体をリラックスさせる
  3. ゆっくりとポーズから戻ることで、さらに筋力を働かせる

美容と疲労回復に効果!副交感神経を味方にしよう

ヨガのゆっくりとした動きと深呼吸は、副交感神経を高めてくれます

自律神経系バランスは、交感神経と副交感神経の二つがあります。

効率重視で予定いっぱい、仕事もスピーディーにこなしてあくせくした状態が続くと、副交感神経があまり働かなくなります。

体にとって重要な食べものの消化・深い睡眠・細胞の再生・疲労回復 にも影響があります。

健康管理のため、美容のため、良い仕事をするため・・・

毎日安定して高いパフォーマンスが出せる自分でいるには、副交感神経を味方にすることが大切です。

ゆったりとした気分で、深呼吸を

自律神経系をコントロールするのは難しい?と思いませんか。

でも、自律神経をコントロールできるコツがあります。

それは、呼吸です。

深呼吸と副交感神経はつながっています。

深呼吸をすれば、全身の細胞に酸素が行き渡り、血流が良くなり、副交感神経が優位になりやすくなるのです。

ゆったりとした動きと合わせれば、よりその効果が働きやすくなります。

ヨガをするとよく眠れるのは、体に副交感神経のスイッチが入るから

ヨガを始めると「その日はよく眠れました」という声をしばしば聞きます。

体の中の副交感神経のスイッチが入り、体が芯から休まることができたからです。

不眠を解消のためにヨガをするときは、ゆったりした気分で、深呼吸に集中してみましょう。

・・・

つづく。

ヨガでゆっくり動くと良いこと(3)ポーズからゆっくり戻って、筋トレ効果アップ - coruri ヨガ

前の記事→

ヨガでゆっくり動くと良いこと(1)呼吸と合わせて体をあたため、怪我を防ぐ - coruri ヨガ