バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

鑑賞

マリアノ・フォルチュニ 織りなすデザイン展

100年経っても、ツヤツヤと見たことないシルキーな輝きを放つプリーツのドレス《デルフォス》を生み出したファッションデザイナーであり芸術家のマリアノ・フォルチュニの世界にはまってしまい再訪しました。 【マリアノ・フォルチュニ展】日本でも大ヒット…

オシポワ主演『メドゥーサ』シェルカウイ振付作品

昨日のブログに書いた、ロイヤルバレエシネマライブビューイングのトリプルビルの続きです。 トリプルビル『Within the golden hour』に続いて、第2部は『メドゥーサ』シディ・ラルビ・シェルカウイ振付作品でした。シェルカウイはベルギー出身の振付家で、…

ロイヤルバレエ Within the golden hour

ロイヤルバレエの来日公演と同じ頃、映画館でもロイヤルのロンドン公演のシネマライブビューイングが開催されていました(日本は同日上映ではなく後日なので重なっていました)。 今話題の現代振付家たちによる個性豊かなトリプルビル Within the golden hou…

英国ロイヤルバレエ ガラ『三人姉妹』『シンフォニー・イン・C』など

6月に開催された英国ロイヤル・バレエの来日公演でのロイヤル・ガラを鑑賞しました。 第一部 三人姉妹 第二部 ディベルティスマン(眠れる森の美女 ローズアダージオ、マノン、オンディーヌ、ロミオとジュリエットより) 第三部 シンフォニー・イン・C 当初…

英国ロイヤルバレエ団来日公演!アコスタ版ドン・キホーテ 主演ヌニェス&ムンタギロフ鑑賞

6月は英国ロイヤル・バレエ団の来日公演が東京・上野で開催されていました!私は初日のドン・キホーテと、ロイヤル・ガラの初日に観に行きました。 好きなものに出会えて、劇場のバレエで一生にわたる夢が見られるというのは、とても幸せな人生です。 ドン・…

ずっと見ていたくなるドガ〈リハーサル〉- 英国バレル・コレクション - 印象派への旅 海運王の夢展

ずっと気になっていた、日本初公開のドガ絵画作品〈リハーサル〉を見に行ってきました!ちょうど、この春にバレエグループレッスンのオリジナル作品で〈ドガ&月の光〉を創作していたところでの来日とあって、なんだか運命を感じてしまった展覧会でした。6…

ジェイン・オースティンの読書会

映画『ジェイン・オースティンの読書会』を最近初めて観ました。 ジェイン・オースティンとは、イギリスの女流作家。その小説が好きな大人たちが、読書会をするというストーリーです。 Jane Austen 映画の存在は前から知っていたのですが、ジェイン・オース…

女優顔の蘭の花。2019らん展

蘭、またの名をオーキッド。お祝いや鑑賞には胡蝶蘭をプレゼントするイメージがありますが、なかなか身近にふれる機会が少ないので、らん展を観に行ってきました。初めてで、入口のここから圧倒されました。 この光景、私にはたくさんの笑っている顔が並んで…

新・北斎展 画狂老人卍 90歳のパワー

新・北斎展(六本木ヒルズ・森アーツセンターギャラリー)に先日行ってきました。展示点数は、400点超で、とにかく多いです。しかも小さくて細密な作品が大半なので、ひとつひとつ見るのに時間がかかり、人も多いです…それでもやっぱり観に行った方がいいで…

ロマンティックロシア展 - 風景画にひとめぼれしたのは初めてかもしれない。

渋谷Bunkamuraで開催されているロマンティック・ロシア展に行きました。ロシア国立トレチャコフ美術館のギャラリー。ちょうどロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーの公演を観に行くときに同じ建物で見られたのでラッキーでした。 あまり下調べなく飛び込…

人形の精&パキータ ワガノワバレエアカデミー来日公演

1月17日(木)はロシア国立ワガノワ・バレエ・アカデミーの来日公演「人形の精」と「パキータ」を鑑賞しにオーチャードホールへ出かけました。 かのワガノワの来日公演とあって、バレエ団ではないですが世界最高峰のバレエ学校の生徒を見ようというバレエ通…

シュツットガルトバレエ団の来日公演へ

先週と今週はドイツから来日中のシュツットガルトバレエ「オネーギン」「白鳥の湖」2作品とも観に行くことができました。貴重な来日公演、しかもオネーギンはディアナ・ヴィシニョーワというビッグゲストが客演という日でした。 ゆっくり感想を書きたいなぁ…