バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

季節の変わり目は、食事からも体質改善

災害レベルの猛暑がようやく落ち着いて、昼間の気温が29度を下回る日も出てきました。

普通の気温にもどってきたので、秋の始めは体調管理に実は一番を気を遣います…なぜなら、ふしぎと秋の冷え込み始めが私は風邪を引きやすいからなのです。

寒さに体が対応しようとしての反応なんだと思いますが、今のうちから免疫力を上げて体力のコンディションを整えようと食事を意識しています。

とはいえ、流行りの断食だとかスムージーだけにするとか偏食はやらず、あくまでふつうの食事にしながら栄養素のバランスを整えたり、野菜、果物、魚、などの自然で旬なものから必須アミノ酸、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、などなどうまくとりいれようとするホントにシンプルなこと。

レッスンで足がパンパンだとキッチンに立つのも大変なときがありますが、椅子に座りながら野菜の皮むきをしたり…(笑)

でもやはり、野菜と果物と魚を増やすと、肌が変わりますね。結果が出ると面白くなるから、また好奇心が湧いてくるものです。

夏はレッスン数が多かった上に、経験したことのない高温だったので、夏バテにならないことを最優先していましたが、秋の旬から秋に必要な栄養素をうまく取りたいところです。きのこ、かぼちゃ、さつまいも、プルーン、いちぢく、りんご、ねぎなど美味しいものが沢山あるのがありがたいですね。

あとはやはりタンパク質。血糖値が上がりすぎるのを防ぎますし、筋肉や筋膜のためにも… 小腹がすいたときにゆで卵やチーズを食べると腹持ちがよく、血糖値のコントロールにもいいので気が向いたときに。実は、もともとどちらもあまりすすんで食べないタイプで、冷蔵庫の中でも余りがちです…(笑)

いまはせっかく良い魚、秋刀魚が旬なので良いタンパク質と脂をいただきたいところ!

食事は毎日のことなので、意識するのが面倒になったり忙しいときはストレスのあるのときは影響を受けやすいものですが、みなさんも季節の変わり目に心入れ替えてみませんか。みんなでさらに意識高めていきましょう♡(無理な制限はしないでくださいね!)