バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

自信があるかどうかよりも大切なこと。エスメラルダのチュチュレッスン!

今日は、「エスメラルダ」をチュチュレッスンでやりました!やっぱりエスメラルダはタンバリンで気分が上がりますね。盛り上がりました〜!!

各自レベルに合わせて振付を選択式にしましたが、お一人お一人いつも以上に実力を発揮していたようなキラキラした時間でした!!

とはいえまだ今日初めてトライした人もいますので、まだまだ伸ばせそうです!

というよりも、一回でこの曲を通せるようになること自体がすごいことなのですよ!

経験者の人ならば出来ても当たり前かもしれませんが、ヴァリエーション初心者の方にとって、奇跡が起きているといってもいい(笑)。

「休憩していいですよ〜」と言いながらBGMに曲かけていると、みなさん休まないくらいどんどん自習。 なので私もみなさんのパワーに応えるべく、チュチュ振り回しながらあちこち奔走(笑)自分があと2人ほしい〜

真剣で笑顔が絶えないレッスンに集まるみなさんは、私の誇りです〜!

ブログ読者さんから「みなさんレベルが高そう」と言われることもありますが、レベルは幅が広いですし、その日の内容によっての得意不得意もありますので、一概にみんな均一なわけではありません。

例えるならば、バレエのテクニックを1つ2つしか知らない人もいれば、20知っている人だっています。

私はどちらの方がいらしてもその方の今日のベストと向き合います。知らないことは恥ずかしいことではありません。むしろ、今日を機にできるようになったらすごく良い進歩ではありませんか!

途中助けてほしいところはそばで一緒にデモをしますし、ソロでは緊張してしまう人はグループで練習したり、その日のみなさんの状態に合わせて臨機応変にしています。

そして、みんなが自信満々に見えるかもしれませんが、みなさん自信出せるかどうか…とあやふやなところから進んでいます。

「私なんて、できるかなぁ…」という気持ちをぐっと胸にしまいこみながら、足を一歩前に着いて行動してみた方が大半です。決して、特別な人たちではなく、スタート地点は同じなのです。だから、読者さんとお気持ちはそう変わらない方々だと思います。

自信があるかどうかよりも大切なことってなんだと思いますか?

自信があるように振舞ってみることです。

もしかしたらないかもしれないけど(笑)、自信があるように演じてみるのです。

演じているのだから、失敗したっていいのです。あなたがだめなのではなくて、演じる実験がほんのちょっと失敗しただけ。

そこから少しでも成功したことがあれば、演じた自信は本物になります。

脳は次第に錯覚して自然に自信があるように備わっていきます。

もっと自信を持ってよいのに停滞してしまう人が多いです。

私はその手助けをしています。

今日からあなたのレパートリーです!

また踊りましょう!!