バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

しつこいレッスン(笑)

ベーシックレッスンでは、レベル1 、レベル2 ともにさまざまな基礎テクニックを順に練習しています。レッスンを受けるための前提条件は特にありませんので、参加者の経験はばらつきがあれど、各自の基礎固めができつつ目標が引き上げられるような内容を心がけています。

私のレッスン中の解説は、「しつこい」です(笑)。

「まるでYouTube見ているみたいでした」と言っていただくこともありうれしい限りですが、入門者の方を多々マンツーマンで見てきていると、みなさんがつまづくポイントや動く前から気をつけたいことはある程度予想ができるので、やる前からしつこいです(笑)。

みなさんには予習のつもりで。シミュレーションはとても大切です。貴重な時間が無駄になってはいけませんからね。

そして、動きながらもしつこいです(笑)。

音を止めて、分解しながら、ずっとしゃべります。しゃべりたいというよりは、みなさんに理解しやすくしたいからです。

私がデモをするのも、一緒に動くことで、生のダンサーの息づかいを体に叩き込んでほしいからです。

私が子どものころに一番勉強になったのは、カンパニークラスを受けておられる先輩方と一緒にレッスンで動けたことでした。

(みなさんが自分で覚えられるようになったら、デモはしないで注意に徹していますが、レベルのばらつきが多いので取りこぼしがないようできるだけ配慮しています)

何度言われても反応できないことがあるのもわかっています。

これは、「大人だから?」と思っている方もいますが、子どもだって同じ現象は多々あります。むしろ大人でも反応しようと頑張っておられる方はとても反応がいいですよ!

また、素で忘れてしまうこともあると思うので、繰り返して叩き込みます♫

できる、できそう、できなかった、その狭間を行ったり来たりするのがレッスンなので、粘着質なほどみなさんの脳内にはしつこく入り込んでしまいたいくらいです(冗談まじりでね)。

「私のレッスン、熱血になるほど、ねちっこいのでごめんなさい〜」と笑いながらみなさんに断りました(笑)。

そうしたら帰り際、「絵理先生、わたし、もっと、ねちっこくてもいいくらい!そういうレッスンが大好きなんです!!」と言ってくださいました♡深い深いバレエ愛を感じます(笑)ありがとうございます!

大人バレエはやっぱりそこまでしないと出来ないところが必ずあります。

そこにぜひ到達してほしい。

もっと楽しい世界を広げてほしい。

だから私もできることを頑張ります。