バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

プールでのマイエクササイズ

f:id:coruri:20220210223929j:plain

東京・首都圏でも今夜はしんしんと雪が降っています。

みんな家にいそうな日の夜ですが、プールに泳ぎに行ってきました。

もちろん、とっても空いていました!

レーンを貸し切りに泳げるって贅沢です。

夫は水泳に慣れているのに比べると、私は初心者の域を出ませんが、マイペースにクロール、平泳ぎ、背泳ぎを交互に泳ぎます。夫婦で一緒にできるアクティビティという点も良いです。

もともとプールは小学校のときにはあまり好きではなかったのですが、今の年齢になり体の疲労を和らげながら、バレエ指導中の筋肉の動きの偏りをほぐすためにもプールがとても合っています。

教えながらバレエを実演していると、声を出しつつ動きもしないといけないため、単に自分で黙々と踊るのと体の使い方が多少変わります。

説明するために急な動きを取らないといけないときなどもあり、そんなときに疲労が蓄積していると筋肉を痛めかねない…そんな心配もあり、バレエ以外のスポーツもする必要があるとずっと気になっていました。

趣味の程度でバレエレッスンをやるならさほどかもしれませんが、仕事となると蓄積と偏りを意識して整えないと、体が保ちません。

水の中では膝や股関節への重力の負担がかからず、バレエで酷使しがちな抵抗疲れがグンと軽くなります。

家から通いやすい環境にプールがあって幸運です。

日頃からレッスンをしていると、休みであっても疲れが残っている日もよくあります。そんな時は頭もうまく働きませんよね。

それでも、疲れている日は開き直ってアクアウォーキングをしに行きます。

ひたすら歩きますと、帰りには体がゆるんでポカポカになれるのです。

歩きながら、ひそかにデベロッペぽく足を水面まで上げていたり(目立たないように)、水面深いところでポールドブラの二の腕と肩をゆらゆら動かしていたりします。水の中で腕を動かすのは筋肉を使いますし、肩の余計な力を入れずにコントロールする訓練になりますよ。これはまたいつかご紹介できたら…(笑)

急ぎの時は20分でも30分でも、とにかく入ってくるとスッキリします。メイクは洗面台でさっと落とし、ゴーグルを度なし・度付き2種類ともカバンの中にひそませておきます。

プールから上がったあとは、保湿パックでささっとスキンケア。オールインワンジェルで水分が乾かないように塗っておきます。顔だけでなくデコルテや角質まわりも。あとは帰ってから丁寧に美容液・化粧水・乳液をゆっくりつけます。

コロナにもストレスにも負けない体づくり習慣になっています。