バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

乗鞍の原生林で、幻の白い植物「銀竜草」を探しに。

これは、何だかわかりますか?乗鞍の森に生息する白い植物です。

みなさんは、白い植物ってみたことがありますか?私は今までありませんでした。

植物って、ふつうは緑色…と思ってしまうものですが、これは「銀竜草(ギンリョウソウと読む)」という白い不思議な草。

ヨガ・リトリートを終えた日、みんなで乗鞍のことをいろいろ話していると、ひょんなことから「梅雨の今なら珍しい白い草が原生林のエリアで見られる」と女将さんから聞きました。

見たことが無く、ちょうど居合わせたみんなで、さくっと散策してみることにしたのです。

場所は、休暇村の前の道路沿いから入れる「原生林の小径(こみち)」。

この看板が入り口。散策できる道ができていたので、みんなで歩き始めました。

「小径を入ると、はじめにトトロに出てきそうな大きな木があります」と女将さんが言っていました。これだ!

「原生林の小径」という名前の通り、ほとんど元の自然のまま残っている原生林のエリアなんだそうです。

観光センターや一の瀬園地の周辺は道路が舗装されていますが、この中はまた別世界のようでした。

木々が生まれては倒れて新しい命が再生していく。森の生命の循環を目の当たりに…

歩き始めてほどなくして、探していた銀竜草を発見!白いけれど、どこか透き通ってもいて、銀色というのがしっくりきます。

そして、形がにょきにょき生えているものほど、なんだか竜に見えてくるのです。

銀竜草の別名は、「ユウレイタケ」というんだそう。時期が過ぎていくと、白色が黒っぽくなっていくんだそう。見頃はギリギリ間に合ったようです。花が咲いている状態なのだそう。

見れば見る程、不思議です。「もののけ姫」のような世界…

木の根っこも同じ形が二つとしてないくらい、どれも個性的に生きていました。

森の奥の奥まで来てしまったような。

こんなにも深い緑を見たことがあったかな…

銀竜草はあちこちにたくさんいました。

ほら、緑の絨毯の中にひっそりと佇む竜のように見えてきませんか。大きさは全体の高さで5センチくらいのものが多かったかな。とても小さいです。

まだまだ知らないことがたくさんあるなぁ、と思いながら。

森に吸い込まれそう。

あっという間に、散策道に行き当たりました。左に進めば、休暇村の施設に戻れます。

原生林の土は、とてもふかふかでした。

すべてを包み込むような、「母なる大地」という言葉を体現するかのような柔らかさ。

森は足を踏み入れるほどに自分よりもずっと大きな存在で、奥深い世界をほんの少しだけのぞかせてもらったような気分になりました。この道に入って、少しほっとした気持ちもありながら、異世界から戻っていくようでした。

ヨガ・リトリートを開催している乗鞍には素晴らしい自然環境が残っています。

地元で自然と共生するみなさんから少しずつ教わりながら、ブログを読んでくださっているみなさんへも神秘的な森の世界をシェアしていきたいと思います。

このときの歩いた時のビデオ、Facebookでシェアしていますのでよかったら見てみてください!ラフな記録ですが^^

7月8日〜9日に開催したヨガ・リトリート in 乗鞍のレポートもぜひご覧くださいね。

http://blog.coruri.info/entry/yogaretreatinnorikura/2017070809

バレエでお腹を凹ませると呼吸が苦しい人へ - 背中を広げて呼吸する練習法

f:id:coruri:20170721151316j:plain

よく大人バレリーナの皆さんとレッスンをしていると、

「お腹を凹ませていると呼吸が止まりそうになるんです。息を吸うと、肩が上がってしまうし、どうしたらいいんでしょうか?」

という素朴な質問をいただきます。バレエを踊り慣れている人は、おへそを凹ませるようにお腹を薄っぺらくしながらも、踊りに耐える呼吸量を行なっているものです。でも、いったいどうやっているんだろう?と、疑問に思っている人はいませんか?

よく、リラックスさせるためや瞑想などのときには、胸式呼吸と腹式呼吸もふくめた「完全呼吸」をするように言われることがあります。ヨガレッスンでも聞いたことがあるかもしれません。

呼吸をするたび、横隔膜が動きます。腹式呼吸のように、肺の膨らむ最大限の体積を確保しようとすると、内臓が外に押し出されてお腹が膨らむように見えます。(腹式呼吸のメカニズムについての記事はこちら)

でも、バレエでその呼吸を行なってしまうと、息をするたびにお腹が出てしまい、「お腹が出てる!」と注意されかねません。

腹式呼吸に頼っていると、バレエらしい細い軸の姿勢をキープすることができないのです。バレエの動きを支える体幹の筋肉の深層部にある「腹横筋」を絶えず働かせて、これがお腹を凹ませる深層の腹筋であり、体幹部の土台をつくっています。腹式呼吸をすると、こうした筋肉がゆるむことになり、「お腹が抜けている」「お腹が出ている」という状態になってしまいます。

また、バレエの衣装を考えてみてください。

f:id:coruri:20170721151929p:plain

衣装のボディは、背中のホックをサイズぴったりに合わせますので、お腹を出して息をするようでは呼吸が苦しくなってしまいます。

つまり、バレエでは、お腹を凹ませ続けながら深呼吸ができる必要があるのです。

では、どうやったら呼吸のコツをつかむことができるでしょうか?

その練習方法を動画で紹介しました。

バレエのお腹を凹ませた姿勢で深呼吸を行う練習方法

f:id:coruri:20170721152339p:plain

ベルトやタオルなどの引っ張っても伸びない長さのあるものを用意します。

背中の肋骨あたりをあてがうようにして、両端を胸の前に持ってきます。

f:id:coruri:20170721152957p:plain

両端のそれぞれを、左右反対の手でつかみ、胸の前でベルトがクロスするように持ちます。

背すじを伸ばし、肩を下げて姿勢を整えましょう。

そこから、息を吐いてベルトが少し前に引っ張られるように肋骨を閉じます。

f:id:coruri:20170721152807p:plain

次に、息を吸いながら、背中側の肋骨同士のスペースが開くようにしてベルトは肋骨の動きに合わせてゆるませます。

f:id:coruri:20170721152906p:plain

(手の位置が変わっているのがわかります)

ベルトをあてながら、こうした呼吸を繰り返していきます。

肩はリラックスして、胸郭が360度広がるのを感じよう

f:id:coruri:20170721153052p:plain

日常生活ではなかなか意識しない肋骨の動き。はじめは背中を広げる感覚が難しいかもしれません。

f:id:coruri:20170721153102p:plain

でも、根気強く続けていると、徐々にコツをつかめるようになります。筋トレというよりも、筋肉に動かし方を覚えさせること。リハビリのようなイメージです。

私も、昔初めてやったときは今ほどうまく動かせませんでしたが、毎日やって数週間でかなり変化しました。慣れれば、ベルト・タオルがなくても、体で覚えて意識できるようになります。

バレエを踊るときだけでなく、美しい姿勢を保ちながらパフォーマンスしなければならないスケート、ダンス、そのほかスポーツにも、胸郭を広げて呼吸量を増やすことができるので体にもメリットがあります。

バレエのレッスンで、息が苦しくなってしまったり、息が上がりやすくて困っているという人は、子供から大人までできる練習方法なのでやってみてくださいね。

腹式呼吸のメカニズムを知りたい人はこちらも参考に

blog.coruri.info

ヨガ・リトリート in 乗鞍 まゆみさんの梅レモネードの作り方

f:id:coruri:20170720185603j:plain

ヨガ・リトリート in 乗鞍では、いつも外ヨガのレッスンの後、アルムさんの手作りレモネードをご褒美ドリンクに飲んでいます。よく、いろんな参加者さんから「どうやってつくっているんですか?」と質問をいただくので、まゆみさんに教えてもらいました!

f:id:coruri:20170720185127p:plain

梅レモネードの作り方

梅シロップの漬け方

f:id:coruri:20170720190541j:plain

材料 ウメ、氷砂糖(1対1の割合)、酢

用意するもの ガラスの保存瓶(梅酒を漬け込むようなもの)熱湯消毒しておく。

  1. ウメを洗って拭き、冷凍させておく。

f:id:coruri:20170720190635j:plain

  1. 保存瓶に凍ったウメと氷砂糖を交互に詰めていく。

  2. 酢を200cc(好みで調整)を入れる。

  3. 時々瓶を揺すって氷砂糖が溶けるのを促しながら待つ。1ヶ月程で出来上がり。

レモネードの割り方

梅シロップに、レモンスライス(ハチミツに一晩漬けたもの)、ミント、炭酸水を加えて出来上がり。

シロップと炭酸水の割合は、1:3、1:4などのお好みでどうぞ。

まゆみさん、レシピ教えてくださってありがとうございます!

みなさんも、ぜひやってみてください!

f:id:coruri:20170720185216j:plain

ヨガ・リトリートの様子は、こちらから