読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

偉大なバレエ教師の功績の影にあった、子ども時代の粘り強さ

ロシアバレエのメソッドを体系化させた、世界的に伝説のバレエ教師と呼ばれる、アグリッピーナ・ワガーノワ先生の伝記を読んでいます。

ワガーノワ女史のことはバレエを習うと必ず出てくるほど。メソッドについての解説は、今やたくさんの本に書かれています。

ワガーノワのメソッドが、今や世界中にも影響を与えているので、私個人的には「バレエの母」であるようにも思います。

でも、一人の人間として、どんな子ども時代であったか?という話はあまり聞いたことがありませんでした。

なので、生い立ちや、具体的なエピソードをわかりやすく書かれているこちらの本を見つけたのです。

アグリッピーナ・ワガーノワ―偉大なバレエ教師の生涯

アグリッピーナ・ワガーノワ―偉大なバレエ教師の生涯

ざっと、子ども時代から、バレエ学校を卒業してプロのダンサーになるまでの章を読みました。

「これだけ偉大な人だから、どんなに子どもの頃からエリートだったのかな?」と、勝手に想像しそうになります。

でも、実際には、苦労と努力の子ども時代であったようです。

ワガーノワ女史の父は、安い賃金の劇場の職に勤めていて、なに不自由なく…という家ではありませんでした。親が受験させた目的は、無料で教育が受けられるから。

入学試験のときには、身なりで華やかに見せるのも精いっぱい。晴れてバレエ学校に入学できたものの、父は数年後に他界してしまうという不遇な面もあったようです。

それでも、彼女は劇場でたまに見せてもらえたバレエの公演が大好きで、競争率の高い試験を勝ち取りました。

苦しいバックグラウンドがあっても、大好きなバレエには、どんどんのめり込んでいたそうです。

ワガーノワは義務教育を修了したものの、卒業して初舞台を踏む年齢満17歳に達しておらず、もう一年学校に残ることに。

そのとき、イタリア人のエンリコ・チェケッティという教師がやって来ました。チェケッティ派というバレエの流派を確立させた人です。

チェケッティのバレエのスタイルは、当時のロシアにとって、新鮮で生き生きとして、高度なテクニックも次々こなしていました。

若かりしワガーノワ女史も、チェケッティのレッスンを切望していました。

にもかかわらず、学校のなんらかの事情で受けさせてもらえなかったそう。ここでも、悔しさは募ります。

受講している生徒がどんどん上達していくのを横目で見て、悔しい思いをしていたんだとか。

どうもこう日本人の自分から見ると、

ロシアに生まれ、バレエ学校に入学できて、世界的に偉大な功績を残したバレエ教師ならば、

さぞかし子どもの頃からエリート街道だったのだろう…と思いきや、

実際には、惨めさや悔しさの尽きない学校時代だったのですね。

一人の人間として、親しみも感じました。

マリインスキー劇場のプロのダンサーになってからのワガーノワは、自分の踊りが酷評されることもしばしば。

それでも、弱点を直しながらテクニックを磨いていったそうです。

批評家にも「ヴァリエーションの女王」と賞賛されるほどにまで、自分を変えていったのです。

なので、初めから大抜擢を受けるような運には恵まれなかった彼女でも、

飽くなき探求心と、粘り強さが、運命を切り拓いていったという事。

そのことに、しみじみと感銘を受けました。

1900年代に活躍していて今は亡き方ですので、生の舞台を観ることは到底できませんが、

こうした文献にふれるだけでも、ワガーノワ女史の魂が響いてくるようです…。

どんなことも、歴史で初めに行動した人や、功績を残した人というのは、

後世の者にとって、どれだけ大きくて計り知れないことを成し遂げたんだ…と思わされます。

でも、彼女にとっては、偉大なことをしようと思う気持ちよりも、

まずバレエが好きという気持ちがあって、

自分の中に沸き起こる好奇心を貫き通してきた人なんだろうな…ということを感じました。

バレエの歴史をひもとくのは、とても面白いですね。

また、感じたことをシェアします。

バレエ 脚はどうしたら上がるようになる?

「脚を高く上げられるようになりたい。」というご相談をよくお聞きします。

脚を高く上げられるには、2つのポイントがあります。

  1. 脚を高く上げられる角度を作れるほどの柔軟性があるか

  2. 脚の重さに耐える筋力があるか

まず、柔軟性はストレッチをすれば股関節がそれだけ動かせるか明らかです。

床の上に寝そべってでも、脚を開けないと、関節自体が動かせません。

次に、筋力が大切です。

いまの柔軟性がどれだけ少なかったとしても、その最大限の角度を10秒キープできるでしょうか?

脚が上がらない、という人は、意外にもこれができていないのです。

すると、自分では脚が上がらない理由を柔軟性のせいにしていたはずが…実は筋力も全然無かったということになります。

脚を高く上げるというのは、重力に負けないようにする体幹・おしり・太ももなどの筋力を総動員させる必要があります。

足先だけでは、脚は持ち上がりません。

脚というのは、意外に重たいものです。

股関節に近いところからしっかりと持ち上げるためにも、ボディと脚の付け根から、ぶれない体幹が必須です。

よく「どうしたらキープできるようになりますか?」と聞かれますが、

逃げ道はありません。

実際に脚を上げる練習をすることです。

実際に脚を上げる練習をしなければ、必要な筋力は働きません。

それらの一部の筋力を鍛えるエクササイズはあっても、

最終的には、バレエの形をつくって実際に立って重たい脚を上げ続ける練習をしなければ、キープする持久力はつきません。

たとえばマラソンも、ストレッチや腹筋などをしているだけでは、走れるようにならず、やはり実際に走らなければ持久力がつきませんよね。

それと同じです。バレエも、デベロッペ、フォンデュ、アダージオと言われる曲で実際に脚を上げる練習をすることです。

当たり前のようでいて、これはとても大切です。

「代わりに楽に上げられるようになる近道はないかな?」と思われることもよくあるのですが、逃げ道はないのです。

実際に片脚で立って、動作脚を持ち上げることで「く、苦しい…!重たい…!」と思う筋肉を鍛えることが王道であり、一番の近道なのです。

上げるためのコツについては、また紹介します。

本質的な努力は、裏切らない。

新年になってから、1月が早くも2週間経ちましたね!

連日にレッスンが入っていたのとイレギュラーな仕事も入っていたので、更新が空いてしまいました。

プライベートコースの受講生さんも、新年明けて、お1人ずつまたレッスンを再開しています。

スケジュールの都合で間が空いてしまう方もいますが、ご自分のペースで楽しく続けられることが一番ですので、仕事や他の事情などにも柔軟に対応しています。

ちょうど海外のダンサーの方々にふれる機会があり、ここ数日は大いに刺激を受けました。

どんなに偉大で世界的に著名なダンサーであっても、

完璧な人間というのはなかなかいないからこそ、やっぱり努力をしているもので…

「あの人はきっと完璧なんだろうな」と思うような人でも、やっぱり本人は細かいところに配慮しているのですよね。

それがあまりにも自分とは違うレベルに感じてしまうと、

「なんかもう、住む世界が違う…」と感じてしまいがちですが、

「やっぱり同じ土俵にすぎないんだ」と、まっすぐ受け入れることが、本当のスタート。

もし反対に「自分とは世界が違うから…」と思ってしまえば、それまで。

生まれつきの体型が違うとか、経験が違うとか、センスが違うとか、言い訳しようと思えばいくらでもできますよね。

でも、「同じ土俵で自分も進んでいこう」と思える人は、

たとえ、どんなに歩むスピードがゆっくりでも、

一歩の歩幅が小さくても、

その人にしか出せない世界観・ゴールに、必ず近づいていく。

この、「近づいていっている」ということが、一見ちっぽけなようで、すごく大切な事実。

「自分には住む世界が違う」と思ってしまったら、近づくどころか離れているだけ。ベクトルが正反対です。

人生で好きと思えるものに出会えたのならば…

離れて避けるよりも、まっすぐ突き進んでいこうではありませんか。

本質的な努力は、どんな人も、裏切らないのだから。

そんなことを、

偉大なバレリーナたちの姿と

大人からバレエを始めた受講生さんの姿とを

連日見つめながら、

冷静に、素直に、しみじみ感じました。

抽象的な表現で伝わりにくいかもしれませんが、とても心に残ったので書いておきます。

私自身も、逃げずに、これからも挑戦していきたいと思います。