読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

白鳥と眠りの舞台を映画館で観られる、ボリショイ・バレエinシネマ(2月)

最近は、映画館で海外のバレエ団の舞台を見ることができるイベントが増えてきました。

2月は、ボリショイ・バレエを全国の映画館で見られる「ボリショイ・バレエinシネマ」で、『眠れる森の美女』と『白鳥の湖』が上演されます!


bolshoi-cinema.jp

これまでも、バレエ美人塾のレッスンで、『眠れる森の美女』と『白鳥の湖』を踊る体験を開催してきました。

自分で踊ってみたあとに鑑賞すると、見る視点が変わって、特におすすめです。

(回し者ではありません^^;)

これを逃すと、しばらく古典作品の上演はないようなので、気になったらぜひ。

気をつけないといけないのが、開催日が1日だけ。

眠れる森の美女 2月8日(水)19:30開演

(キャストはまだ未公開・2017年1月収録の舞台になる予定)

白鳥の湖 2月22日(水)19:30開演

オデット&オディールは、スヴェトラーナ・ザハーロワさんです!日本でも来日公演に来ると、ザハーロワさんの日だけチケット代が数千円アップするくらいの人気バレリーナ。王子は、デニス・ロヂキンさん。

映画館リスト

チケットは、指定席で3000円です。

映画館ならば、劇場よりも気楽に行きやすいので、バレエ鑑賞初心者さんにもおすすめです。

bolshoi-cinema.jp

デベロッペで90度にヒザが伸ばせない人の特訓方法

「バレエで脚があげられないんです。どうしたら上がるようになりますか?」

こんなご相談はいつもよくあるのですが、すでに手を使えばY字ができる人は筋力が足りないのが原因です。

バレエのデベロッペなどを実際に練習しない限りは、脚が上がるようにはなりません。

よく、「どんなエクササイズが良いですか?何したら上がるようになりますか?」と、聞かれますが、代用するエクササイズをするよりも、デベロッペの練習自体が圧倒的に足りていないケースの方が多いです。

どんなに脚を楽々上げているような人でも、初めは90度程度しか上げられないのが普通。

私も今ではこの角度をキープできますが、子どものうちはもっと低い角度でキープするのが限界でした。悔しくて、デベロッペやグラン・バットマンをたくさん練習して、筋力をつけたのです。

バレエを踊ったことのない人にとっては、筋力も要らずにラクラク〜に上げているように見えるらしいのですが…(友人がそう言っていました^^;)

でも、ラクラク〜に見せるようにしているだけで、実際には汗ばむくらい全身運動です。

それくらい、脚を支えるとは重たいもの。そうやって練習を積み重ねて、バレリーナは脚を上げられるようになっています。

人間の体は、全身の筋肉の働きが各パーツに影響し合っています。

脚を上げて片足でバランスをとるということは、同作脚をその角度で伸ばすだけでなく、重力に対抗して股関節に近いお尻や体幹の力を使います。

例えば、床で寝そべって脚を上げるのでは、重力がかからないのでその力を使えません。

また、上げている脚の重さに耐えうるだけの、まっすぐ立ち続ける力を、軸足と胴体で出し続けなければなりません。

背中も伸ばし、胸も開いた状態で、腕もしっかりと伸ばす…これらのどこかがゆるんでいてはバランスが崩れます。全身運動なのです。

どこか一部の筋肉を鍛えることは筋トレでできたとしても、最終的には、バレエの動き(デベロッペ、フォンデュ、グラン・バットマンなど)をして、実際に上げる練習をしないと、バレエで使えるようにはなれません。

それを大前提にしたうえで、デベロッペで床から90度も脚が伸ばせない…という方は、こちらのエクササイズでヒザを伸ばしてV字にできるかチェックしてみてください。

基礎の筋力をチェックできます。

これは、浮かせた脚のヒザをまっすぐ伸ばす練習になります。

そして、浮かせた脚の重さが重力に向かって落ちそうになるので、耐える体幹の力をつけます。

このポーズでヒザが伸ばせないと、デベロッペなどで脚を90度に伸ばしたくても基礎的な筋力が足りないので伸ばせません。

ここで脚を伸ばすと背中が丸まってしまう人は、デベロッペでも背中が丸まってしまうでしょう。腰から首すじまでまっすぐにキープします。

脚も背中もまっすぐに支えられるよう、お腹を鍛えていきましょう。

こうして浮かせたヒザを伸ばせる力をつけることが、脚を上げるための基礎になります。

この形が作れない人は、まずはこれを課題に取り組みながら、実際のデベロッペも並行して練習していきましょう。

「なんとなくやっていたことすべてに意味があるとわかり、有意義なセッションでした」

初めて一人のバレエレッスンを受けてのご感想をいただきました。

最初は不安でいっぱいでしたが、先生の丁寧なご指導を受けているうちに緊張もほぐれ、とても楽しい時間を過ごすことができました。
これまでレッスンで聞けなかったこと、なんとなくやっていたことすべてに意味があるとわかり、有意義なセッションでした。
振り付けで踊るなんて自分には絶対にできないと思っていましたが、好きな音楽に合わせて体を動かす楽しさも味わえ、またチュチュを着けることの感動も覚え、新しい発見がたくさんありました。

ありがとうございます!

今までやってきたこと、すべてに意味があるんですね…

がんばってきたことも、無駄じゃなかったんだと思えて嬉しい

私のレッスンにいらした方でバレエ経験者の方にはとくに多いご感想です。

やっぱり、なんとなくやっているだけでは、その意味がわかりませんよね。

見よう見まねだけでは、どんなに真似が上手であったとしても…!盲点が必ず出てきます。

バレエというのは、理論がしっかりと組み立てられているから。

でも、実際にそれを知る機会がないから、そうなってしまうのは仕方ないこと。

そんな方でも、きちんと踊る体験をすると、

いかに今までの積み重ねが必要だったか。無駄ではなかったか。

それをあらためて自分で感じられるのです。

あいまいだったことは、クリアになり。

間違っていたことは、正しいやり方に修正する。

みるみるうちに変化がわかるので、バレエが楽しくなります。