バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理

バレエ-歴史

バレエ・リュス シャネル、ピカソ、ロダン、チャップリンもファンに

バレエとカルチャーのお話✨ 「バレエ・リュス」というバレエブームが1909年〜パリで起きていました。 まだロシアバレエの質の高さを世界に知られていなかったころ、 パリにバレエ団がやってきました! その名もフランス語風に読んで、バレエ・リュス。 (ロ…

ココがプリセツカヤにシャネルスーツをプレゼントしたお話。

マイヤ・プリセツカヤさんは何人もの大きなハイブランドのデザイナーと交流がありましたが、その中にガブリエル・シャネル(ココ・シャネル)もいました。 1961年10月にパリ公演で白鳥の湖を披露しに行ったときのこと。さまざまな人と出会いがあった中で、80…

マイヤ・プリセツカヤとピエール・カルダンのバレエ✖️衣装コラボ

ファッションデザイナーのピエール・カルダンがバレエの衣装を製作していました。 そのきっかけは、マイヤ・プリセツカヤ! 偉大な芸術家同士のビッグなコラボレーション。 マイヤ・プリセツカヤの「アンナ・カレーニナ」「かもめ」「子犬を連れた貴婦人」映…

マイヤ・プリセツカヤ(1917〜2015年)ソ連の苦難を闘い抜いたバレリーナ

マイヤ・プリセツカヤさん(1925年〜2015年)のソ連を代表するボリショイバレエのプリマ・バレリーナの人生を紹介します。 https://en.wikipedia.org/wiki/Maya_Plisetskaya 子供時代からソ連政府の圧政でお父様を亡くし、ご自身も成人してから秘密警察に監…

フォルチュニのドレスを纏うアンナ・パヴロヴァ

ベル・エポック時代を感じる文化人の交流では、アンナ・パヴロヴァがどうやらフォルチュニのドレスをきていたそうです!マリアノ・フォルチュニはイタリアのヴェネツィアの芸術家で、絵画、劇場の照明デザイン、シルクのドレスなど多彩の才能をもっていた人…

アンナ・パヴロヴァ大正11年の来日公演と、芥川龍之介の感想

アンナ・パヴロヴァが来日公演をした1922年、日本ではバレエがまだよく知られていない大正時代でした。 おそらくバレエというものを美しいと感じていたようですが、作品ごとの解釈や見方が判りきれなかったところもあったようです。 日本には劇場で拍手をす…

アンナ・パヴロワのおいたち 日本でいち早くバレエを披露したバレリーナ

日本にはいつバレエがやってきたと思いますか? バレエ・リュスと同時代のバレリーナで、1922年の日本にバレエが知られていない頃に来日公演を回ったロシア人ダンサー、アンナ・パヴロワのストーリーをご紹介します。 https://upload.wikimedia.org/wikipedi…

クラブハウスでのバレエ史トークと、マイヤ・プリセツカヤさんの伝記

クラブハウスでバレエの歴史をお話する回を7月からひょこっと始めてみました。 お話ししている私としては、もう定着しきっているのでいつからやっていたか分からなくなっているくらいでしたが、さかのぼると7/12のクラブハウスで「バレエ・リュス」のお話を…

「イワン王子と火の鳥と灰色オオカミの話」ロシア民話

バレエの「火の鳥」と全く同じではありませんが、バレエ・リュスが《火の鳥》を創作していたころに参考になっていたのではないかと考えられている『イワン王子と火の鳥と灰色狼の話』という民話があります。 日本でも子ども向け外国民話の中に出版されており…

20世紀のロシアバレリーナの伝記マンガ「アンナ・パブロワ」

アンナ・パブロワ(パヴロヴァ)というバレリーナの伝記漫画が大人バレエの方にもおすすめです。 瀕死の白鳥を初めて踊ったバレリーナで、ロシアのバレエを日本で巡業して伝えたり、世界中に旅公演して回っていた精力的なダンサーでした。 ニジンスキーとも…

「火の鳥」バレエリュス代表作 ストラヴィンスキーの音楽、ロシア民話、シャガールの美術まで楽しめる作品の特徴

バレエ・リュスの代表作「火の鳥」の作品について深掘りしてみましょう。 火の鳥は、メラメラと燃える炎のような強い印象の女性バレリーナが主役の作品です。バレエには鳥のバレリーナが他にもありますが、「白鳥の湖」の切ないキャラクターとは対照的で、ロ…

ディアギレフ時代以降のバレエ・リュス(モンテカルロ 1931〜1960年代)

1909年〜1929年にディアギレフのバレエ・リュスが解体になった後の、バレエ ・リュス・ド・モンテカルロについて紹介します。 ドキュメンタリー映画バレエ・リュス予告編 バレエ ・リュス(ロシア・バレエ団)は興行主セルゲイ・ディアギレフが1929年に亡く…

バレエ・リュスの歴史(ディアギレフ時代1909〜1929年)

バレエ・リュスとは、20世紀初頭にパリを中心に活躍した、セルゲイ・ディアギレフの率いるロシア・バレエ団のことです。 バレエ・リュスという名前はロシア・バレエ団をフランス風に呼んでいるもの。バレエの歴史にふれると、バレエ・リュスで登場していた振…

春の祭典初演で落胆するニジンスキーをロダンは抱きしめた

バレエ ・リュスのバレエ ダンサーのニジンスキーは彫刻家オーギュスト・ロダンと特別な友情を持っていました。 ニジンスキーが振付した「春の祭典」初演時の出来事が、2人に絆をもたらしました。 ロダン 考える人(wikipedia より) ニジンスキーってどんな…

ニジンスキーの生涯についてクラブハウスで話しました!

ワツラフ・フォミッチ・ニジンスキー(1890年3月12日〜1950年4月8日)はバレエ・リュスの歴史で「伝説のダンサー」として語り継がれています。 バレエをやっていると、どこかでニジンスキーの名前を聞くことがあるかと思いますが、「どんな人だったのか」に…

クラブハウス「バレエ・リュスに思いをはせる」皆でトークしました!

今週のクラブハウスでは「バレエ・リュス」に思いをはせる というテーマで皆さんとお話をしました! Karsavina and Nijinsky, 1911 バレエ・リュス時代の代表作「薔薇の精」未だによく上演されており、私も大好きな作品です。 セルゲイ・ディアギレフという…

クラブハウス Art&Ballet とベル・エポックの時代について

昨日のクラブハウスでは、Art&Ballet とベル・エポックの時代について皆さんとお話ししました! 私が創作のインスピレーションにしてきたArt&Balletシリーズに登場する画家たちが、ベル・エポック(1900年前半のパリを中心に文化が花開いた時代)の人物が多…

1920年代風の動くアヴァンギャルド「青列車」パリ・オペラ座DVD

青列車のバレエをDVDで見た感想をご紹介します。※前のブログの続きです。ガブリエル・シャネルがデザインしたバレエ作品とその背景 - バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ 青列車とは、ジャン・コクトー台本、舞台緞帳パブロ・ピカソ、ガブリエル・…

ベル・エポックにタイムスリップできる映画「ディリリとパリの時間旅行 Dilili à Paris」

シャネルとバレエ・リュスに関連して思い出した映画があります。 「ディリリとパリの時間旅行 」(Dilili à Paris)というアニメーション映画です。 子供向けの映画とも言われるのですが、文化や歴史のことも深く考慮してていねいに描かれているので、私は大…

ガブリエル・シャネル展(三菱一号館美術館)Gabrielle Chanel Manifeste de Mode

ジュエリーは、人から羨ましがられたり、誰かを驚かせるためのものではありません。あくまで飾りであり、楽しむためにあるのです。(ガブリエル・シャネル) ガブリエル・シャネル展が東京有楽町の三菱一号館美術館にて開催されています。(6/18から9/25まで…

ガブリエル・シャネルがデザインしたバレエ作品とその背景

ガブリエル・シャネルがバレエ作品の衣装をデザインしたことがある話は、ご存じでしょうか?オートクチュールとバレエ。どちらもパリの夢が広がる世界ですね。実はシャネルはデザイナーとしてだけでなく、パトロンとしても支援をしていました。 エコール・ド…

昔のバレエチュチュの素材は?

バレエ黎明期のチュチュはどんな素材で作られていたか。 今のような布の加工技術がないころは、木綿が主な素材であったようです。 さまざまな高価な布地は貴族たちに使われたのかもしれませんが、バレエに用いるには高いこともあったのではないでしょうか。 …

#6ロシア最古の舞踊学校とアンナ女帝。ワガノワの前身 1738年(バレエと世界史6)

バレエの歴史の続きです。前回は#5 バレエがフランスからロシアへ渡った〜1673年皇帝アレクセイ・ミハイロヴィチ(バレエと世界史5) - バレエヨガインストラクター三科絵理のブログを紹介しました。 今回は、ロシアにまだバレエダンサーがいない時代に自国…

会議は踊る、されど進まず。舞踏会は外交の場でもあった

ウィーン会議の風刺画より 「会議は踊る、されど進まず」世界史で覚えた方も多いことでしょう。1814-1815年のウィーン会議。 「踊るってどういうこと?」と現代では思ってしまいますが、実際外交の一環に舞踏会が催され、そちらの方が盛り上がりなかなか会議…

劇場の歴史 ロシアの農奴劇場が民衆の心をつかんだ

農奴女優プラスコヴィア・ジェムチュゴワ https://jp.sputniknews.com/amp/russia/201712034340992/ バレエはイタリア宮廷舞踊から起こり、フランスで王侯貴族たちの趣味娯楽として発展し、ロシアで黄金時代を迎えたという話をご紹介してきました。 当時のロ…

アートやバレエに対する検閲の例

https://www.facebook.com/312086792933474/posts/491764931632325 バレエやアート、文学などのあらゆる芸術分野において、国家の文化政策と検閲のバランスというのはその時代のアーティストたちに与えるインパクトが大きいなぁとしみじみ思います。 上の2枚…

ピアノが生まれる前、バレエはヴァイオリン伴奏でレッスンしていた

今でこそ当たり前となったピアノによるバレエレッスンの伴奏ですが、その歴史はまだ100年ほど。ピアノがレッスン伴奏の楽器として台頭する前は、バレエレッスンはヴァイオリンによって伴奏されていました。その歴史は17世紀初頭まで遡り、名ダンサーと…

#5 バレエがフランスからロシアへ渡った〜1673年皇帝アレクセイ・ミハイロヴィチ(バレエと世界史5)

バレエの歴史の続きです。前回の記事では、フランスで初めてバレエが上演された時代の話を紹介しました。 今回は、バレエのもう一つの聖地とも言えるロシアの国で、初めてバレエが上演された時代の話です。 1673年ロシアで初めてバレエが上演される アレクセ…

#4 《ポーランド使節のためのバレエ》から《王妃のバレエ・コミック》への進化 カトリーヌ・ド・メディシス

#1 ではカトリーヌ・ド・メディシスが《王妃のバレエ・コミック》という記録に残る最古のバレエを催したことを紹介しました。 実際、バレエの起源をどう定義するかは、舞踊や見世物が様々な要素を混在させていたり、バレエの定義をどう定めるかは専門家によ…

#3 ルイ14世の治世の時代背景 〜重商主義、ヴェルサイユ宮殿、科学アカデミー〜(バレエと世界史3)

前回は、ルイ14世の時代にバレエがフランス国王自ら踊り、バレエが栄えていくためのオペラ座やバレエ学校の基礎がつくられた話を紹介しました。 今回は、ルイ14世の時代にフランスはどうして最盛期をむかえ、ヴェルサイユ宮殿が建てられ、絶対王政のもと芸術…