バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理

バレエ

バレエ・リュス シャネル、ピカソ、ロダン、チャップリンもファンに

バレエとカルチャーのお話✨ 「バレエ・リュス」というバレエブームが1909年〜パリで起きていました。 まだロシアバレエの質の高さを世界に知られていなかったころ、 パリにバレエ団がやってきました! その名もフランス語風に読んで、バレエ・リュス。 (ロ…

ココがプリセツカヤにシャネルスーツをプレゼントしたお話。

マイヤ・プリセツカヤさんは何人もの大きなハイブランドのデザイナーと交流がありましたが、その中にガブリエル・シャネル(ココ・シャネル)もいました。 1961年10月にパリ公演で白鳥の湖を披露しに行ったときのこと。さまざまな人と出会いがあった中で、80…

アラベスク arabesque バレエ用語 derriére との違い

バレエ用語 アラベスク Arabesque は、唐草模様という意味。 バレエを代表する基本ポーズ。 後ろに関連して《デリエール》derriéreもよく聞く名前ですので、入門者さんも 意味を押さえておくとおすすめです。 arabesque はポーズの形ですが、derriére は足の…

マイヤ・プリセツカヤとピエール・カルダンのバレエ✖️衣装コラボ

ファッションデザイナーのピエール・カルダンがバレエの衣装を製作していました。 そのきっかけは、マイヤ・プリセツカヤ! 偉大な芸術家同士のビッグなコラボレーション。 マイヤ・プリセツカヤの「アンナ・カレーニナ」「かもめ」「子犬を連れた貴婦人」映…

マイヤ・プリセツカヤ(1917〜2015年)ソ連の苦難を闘い抜いたバレリーナ

マイヤ・プリセツカヤさん(1925年〜2015年)のソ連を代表するボリショイバレエのプリマ・バレリーナの人生を紹介します。 https://en.wikipedia.org/wiki/Maya_Plisetskaya 子供時代からソ連政府の圧政でお父様を亡くし、ご自身も成人してから秘密警察に監…

プリエ plié はじめてさんのバレエ用語集

plié 「折りたたむ」の意味。ひざを曲げること。両膝でも、片膝でも行う。 demi plié ドゥミ・プリエ grand plié グラン・プリエ

フォルチュニのドレスを纏うアンナ・パヴロヴァ

ベル・エポック時代を感じる文化人の交流では、アンナ・パヴロヴァがどうやらフォルチュニのドレスをきていたそうです!マリアノ・フォルチュニはイタリアのヴェネツィアの芸術家で、絵画、劇場の照明デザイン、シルクのドレスなど多彩の才能をもっていた人…

アンナ・パヴロヴァ大正11年の来日公演と、芥川龍之介の感想

アンナ・パヴロヴァが来日公演をした1922年、日本ではバレエがまだよく知られていない大正時代でした。 おそらくバレエというものを美しいと感じていたようですが、作品ごとの解釈や見方が判りきれなかったところもあったようです。 日本には劇場で拍手をす…

アンナ・パヴロワのおいたち 日本でいち早くバレエを披露したバレリーナ

日本にはいつバレエがやってきたと思いますか? バレエ・リュスと同時代のバレリーナで、1922年の日本にバレエが知られていない頃に来日公演を回ったロシア人ダンサー、アンナ・パヴロワのストーリーをご紹介します。 https://upload.wikimedia.org/wikipedi…

クラブハウスでのバレエ史トークと、マイヤ・プリセツカヤさんの伝記

クラブハウスでバレエの歴史をお話する回を7月からひょこっと始めてみました。 お話ししている私としては、もう定着しきっているのでいつからやっていたか分からなくなっているくらいでしたが、さかのぼると7/12のクラブハウスで「バレエ・リュス」のお話を…

「イワン王子と火の鳥と灰色オオカミの話」ロシア民話

バレエの「火の鳥」と全く同じではありませんが、バレエ・リュスが《火の鳥》を創作していたころに参考になっていたのではないかと考えられている『イワン王子と火の鳥と灰色狼の話』という民話があります。 日本でも子ども向け外国民話の中に出版されており…

20世紀のロシアバレリーナの伝記マンガ「アンナ・パブロワ」

アンナ・パブロワ(パヴロヴァ)というバレリーナの伝記漫画が大人バレエの方にもおすすめです。 瀕死の白鳥を初めて踊ったバレリーナで、ロシアのバレエを日本で巡業して伝えたり、世界中に旅公演して回っていた精力的なダンサーでした。 ニジンスキーとも…

「火の鳥」バレエリュス代表作 ストラヴィンスキーの音楽、ロシア民話、シャガールの美術まで楽しめる作品の特徴

バレエ・リュスの代表作「火の鳥」の作品について深掘りしてみましょう。 火の鳥は、メラメラと燃える炎のような強い印象の女性バレリーナが主役の作品です。バレエには鳥のバレリーナが他にもありますが、「白鳥の湖」の切ないキャラクターとは対照的で、ロ…

ディアギレフ時代以降のバレエ・リュス(モンテカルロ 1931〜1960年代)

1909年〜1929年にディアギレフのバレエ・リュスが解体になった後の、バレエ ・リュス・ド・モンテカルロについて紹介します。 ドキュメンタリー映画バレエ・リュス予告編 バレエ ・リュス(ロシア・バレエ団)は興行主セルゲイ・ディアギレフが1929年に亡く…

バレエ・リュスの歴史(ディアギレフ時代1909〜1929年)

バレエ・リュスとは、20世紀初頭にパリを中心に活躍した、セルゲイ・ディアギレフの率いるロシア・バレエ団のことです。 バレエ・リュスという名前はロシア・バレエ団をフランス風に呼んでいるもの。バレエの歴史にふれると、バレエ・リュスで登場していた振…

【達成感に渇望してしまうとき】まだ見たことない自分にこれから出会うんだと気づこう

「早くバレエが上手になりたい」 「〇〇年もやっているのに進歩がない」 達成感が得られずがっくりしてしまうことはありますか? そんなときは、現状の行き詰まりで思考停止になってしまうくらいなら、視点を変えて、まだ見ぬあなたのポテンシャルを見つめま…

茨木のり子「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」

ぱさぱさに乾いていく心を ひとのせいにはするな みずから水やりを怠っておいて 気難しくなってきたのを 友人のせいにはするな しなやかさを失ったのはどちらなのか 苛立つのを 近親のせいにはするな なにもかも下手だったのはわたくし 初心消えかかるのを …

バレエトランプ

新しいバレエ作品の創作していると、 日常生活もアンテナが立ってるので いろんなインスピレーションを キャッチすることがあります。 頭がいっぱいになってしまうと、 新しいアイディアが入ってこれなくなるので、 ヨガをして 深呼吸して 瞑想して ひらめき…

2022年秋の新しいバレエを創作しています

クリエーション中のジュリエット 最初のところを動画で切り出しました。 クリエーション中のジュリエット pic.twitter.com/lzdNjsErkd— Ballet Yoga ERI 三科絵理 (@mishina_eri) 2022年8月27日 シェイクスピア の本も好きで想い入れもあり作品が長くなっち…

クラブハウスでアリスのトーク!ダリの記憶の固執の時計がここに…!

クラブハウスで皆さんと「不思議の国のアリス」のトークを開催しました! 不思議の国のアリスにまつわる美術展も楽しみながら、私のバレエレッスンでもレパートリーである《ダリの不思議の国のアリス》を踊っていただけたらと思っています! 「不思議の国の…

「不思議の国のアリス」の歴史 実在のアリスとルイス・キャロル

不思議の国のアリスの歴史 1832年 ルイス・キャロル(ペンネーム)誕生 本名はチャールズ・ラトウィッジ・ドッドソン 1851年 オックスフォード大学入学 1855年 23歳ごろから数学教師を始める 1862年 30歳ごろ アリスたちリデル家三姉妹にお話を聞かせる。「…

春の祭典初演で落胆するニジンスキーをロダンは抱きしめた

バレエ ・リュスのバレエ ダンサーのニジンスキーは彫刻家オーギュスト・ロダンと特別な友情を持っていました。 ニジンスキーが振付した「春の祭典」初演時の出来事が、2人に絆をもたらしました。 ロダン 考える人(wikipedia より) ニジンスキーってどんな…

ニジンスキーの生涯についてクラブハウスで話しました!

ワツラフ・フォミッチ・ニジンスキー(1890年3月12日〜1950年4月8日)はバレエ・リュスの歴史で「伝説のダンサー」として語り継がれています。 バレエをやっていると、どこかでニジンスキーの名前を聞くことがあるかと思いますが、「どんな人だったのか」に…

zoomパーソナルレッスン!自宅以外からもOK(発表会練習など)

生徒さんとzoomパーソナルでヴァリエーションレッスン! 本番に向けて夏の宿題頑張ってます! 生徒さんは公民館のレッスン場へ! 生徒さんは広々踊れて、私はカメラ越しでアドバイスを伝えます。 iPadなどのzoomでカメラに映していただきながら、ポーズの形…

5歳のバレエ初舞台の思い出

たまに生徒さんとバレエの初舞台の話をするので、私も写真を探してみました。 3歳で始め、5歳の初舞台です。 もうね、エクボができちゃうくらいすごく笑っていた…ww (私だけでちょっと恥ずかしい…) でも先生がとても褒めてくださったことを覚えていて、う…

「大丈夫だよ」と人に安心感をあげることができる人になろう

みなさんの周りに「愛のかたまり」みたいな人はいますか? いつもニコニコしていて、ちょっとした声掛けに愛がこもっていて、そばにいるだけでほっとできるような人。 ここ最近はストレスに疲弊している方々も世の中には多いのではないかと思います。 みなさ…

パーソナルレッスン 丹田の重心移動を特訓!

夏もパーソナルレッスン開催中!毎回ブログに書いているわけではないのですが、ひっそり実施しています。 本日も暑い中お疲れ様でした!! 今日は、グループレッスンのリピーターさん。お互いよく知っているので、的確に課題をクリアーしていきます! 丹田の…

さくらロス

昨日のレッスンで、みんなで花びらになって舞い散る感動にまだ余韻がじわじわ残っています。 みなさんもそうかなぁ。帰り道にメロディーを思い出してくださっていた方もいらっしゃるようです。 この名残惜しいことを「さくらロス」と命名しました。(笑) こ…

ダムールレッスン開催しました!

土曜日は、「ダンスシューズで踊るバレエ」のダムール作品レッスンもありました。 こちらはダムールレッスンのリアル映像です!周りにみなさんが踊っていて、切り取ってみました! キャラクターダンスシューズや、バレエシューズ、ジャズシューズ、多様なス…

さくらバレエ レッスン開催しました!

昨日は「さくら」(愛の夢 リスト作曲)のバレエ表現レッスンをしました! 感受性豊かなみなさんがご参加してくださり、とってもうれしかったです〜!! Instagramでビデオクリップものせています。 View this post on Instagram A post shared by Eri Mishi…