バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理

バレエ

バレエ「眠れる森の美女」の物語と名場面をピックアップ!

眠れる森の美女は、ロシア帝室バレエ(マリインスキー劇場)で1890年に初演されたバレエ作品です。マリウス・プティパの振付とチャイコフスキー作曲の名作です。バレエ鑑賞の参考にあらすじをご紹介します。 童話のキャラクター オーロラ姫といえば薔薇がモ…

【レポート】第6回バレエ・キャンプ in 乗鞍(2022年9月20日〜22日)を開催しました!月の光&Inner Forest

第6回バレエ・キャンプ in 乗鞍を2022年9月20日〜22日に開催しました! 2022年は2回(もう一回は8月)の特別開催でした。バレエ・キャンプ自体が2021年から開始していますが、すでにバレエ・キャンプだけでもリピーターさん同士の絆が深まりつつあります。上…

ラ・バヤデールのバレエ物語

人物相関図 登場人物 あらすじ プティパが初演した異国情緒のバレエ 愛と死と精霊の構図 聖職者の禁じられた恋愛 ニキヤを殺したガムザッティがヒロイン並みに映える 幻影の王国のコールドバレエ 人物相関図 登場人物 ニキヤ 寺院に仕えている舞姫 ソロル 戦…

2022年も皆様ありがとうございました!

2022年も終わりまして、昨年はみなさんありがとうございました。 素敵な出会いに恵まれて感謝ばかりでした。 また、いろいろな挑戦もできました! 定番になっているヴァリエーションのレッスン、テクニックのレッスンはもちろん、バレエヨガレッスンもみなさ…

Art & Ballet のバレエに込めたクリムトへの想い

今日は久しぶりに、Art & Ballet クリムト《星彩歌》という振付作品を踊るレッスンをしました。 横に30mもある大きな絵《ベートーヴェン・フリーズ》というクリムトの作品をバレエにしました。 振付した当初2019年はクリムト展、ウィーンの美術展が続いて来…

舞台鑑賞スーパースター・ガラ2022公演(東京・上野)

2022年11月に東京上野の東京文化会館でスーパースター・ガラ2022のAプロ、Bプロ公演を鑑賞しました。 海外各国からプリンシパルダンサーが結集していた豪華なキャスティングでした。 英国ロイヤルバレエのマリアネラ・ヌニェスさん&ワディム・ムンタギロフ…

ドン・キホーテ バレエの物語と登場人物&歴史

ドン・キホーテは、原作ミゲル・セルバンテスの「ドン・キホーテ」長編小説からバレエ化された作品です。 スペイン風の踊りとクラシックバレエがコミカルな物語で繰り広げられ、子供から大人まで楽しめる人気のバレエ作品です。 ドン・キホーテ 登場人物 あ…

【ウクライナ国立バレエ】光藍社さん2023カレンダーに舞台撮影写真を掲載していただきました!

ウクライナ国立バレエ団が来日公演中!長年招聘されてきた主催の光藍社さんが恒例の2023年カレンダーに堀口祐樹の舞台撮影写真を掲載してくださいました。 ミクルーハさんの夏の公演にて、海賊の華やかな場面でしたね。テレビにも取り上げられていました。 …

フランスの16〜20世紀初頭の歴史とバレエを比べてみる(国王・皇帝とバレエの関わり)

フランスのバレエと政治の流れで見る文化史を、16〜20世紀初頭中心で整理してみましょう。 世界史の概要をタイムラインで見ながら、バレエの歴史の出来事をイメージしやすくなります。 1はヴァロワ朝からブルボン朝の国王の順序とバレエの文化的な出来事を比…

これまでのクラブハウス版バレエ文化史まとめ(2022年12月版)

これまでのクラブハウスでお話ししてきたバレエの歴史をタイムラインでおさらいしてみました。 バレエを中心にしたクラブハウスのトークに合わせた歴史早見表なので、世界史的な優先度よりもこれまでの話題になったものを優先した図ですので、ご理解ください…

クリスマス12/25に金平糖レッスン開催します!

もうすぐクリスマスです。オンラインレッスンでも今夜は金平糖レッスンをやりました。 お家でも、音楽かかると集中しちゃうものです。というのも、金平糖は聞いているだけのイメージと、実際に振付を踊ってみた実感とでは、イメージがガラリと変わります。「…

バレエ海賊の作曲家 アドルフ・アダンの他に追加され続けたバレエ音楽

海賊の音楽は、アドルフ・アダンが初演で作曲した後、後世の振付家が新しい作曲家の音楽を追加してきた歴史があります。愛されるバレエは演出家が改訂し続けながら時代に生き残っていきます。海賊はそれだけ愛され続けている作品でもあるということです。 例…

情熱の詩人バイロン『海賊』岩波文庫

岩波文庫『海賊』バイロン作(1814年)では、美しいメドーラと海賊コンラッドのラブストーリーが描かれています。 バイロンは19世紀初頭のロマン主義の時代にこの『海賊』を書きました。 ジョージ・ゴードン・バイロン - Wikipedia 情熱の詩人バイロン(1788…

バレエ「海賊」あらすじ バイロンの原作叙事詩との違い

バレエ「海賊」の登場人物 あらすじ 第一幕 第二幕 第三幕 原作のバイロン「海賊」叙事詩との違い 叙事詩「海賊」のあらすじ バレエ化を手がけたのは振付家ジョゼフ・マジリエ ジゼルの制作チームが後押し 音楽はアダン、のちに他の作曲家が追加されていく …

バレエ海賊の原作小説 バイロン『海賊』叙事詩を読んでみよう

クラブハウスで告知しましたが、来週のクラブハウスではバレエの海賊という作品について取り上げます。 コンクールやガラ公演でも人気の演目ですが、なかなか原作を手に取ったことがある方は少ないのではないでしょうか? ロマンティック・バレエの時代の海…

バレエレッスンも研究も楽しい、冬の始まり。

冬らしい冷え込みが東京でも見られるようになってきました。 お日さまが恋しい季節ですが、家の中で仕事する時間や休む時間をゆったりできるように、お花を飾りました。 中でもクリーム色の「ストック」というお花の香りが気に入って、何度もクンクンしてい…

バレエの道は一つではないよ

バレエのグループレッスンの合間には、パーソナルレッスンもやっています。以前から継続されている方や、ふだんのグループレッスンから単発で受けてみたいという方もいらっしゃったりします。ヴァリエーションのレッスンをしたり、トウシューズの個別レッス…

ドン・キホーテ キトリのヴァリエーションレッスンを開催しました(2022年11月)

11月には、ドン・キホーテ キトリのヴァリエーションレッスンを開催しました。みなさん楽しく踊ってくださり、テクニックも高めの踊りでしたが、充実した時間になりました! レベルを主に2パターンにして、「パッセをゆっくりで回を少なくしてもOK」「最後の…

12月バレエのスタジオレッスン予定

2022年12月バレエのスタジオレッスン予定 12/4(日)バレエ上級 http://ptix.at/b7ySSP 12/6(火)バレエ初級 http://ptix.at/zZcFDo 12/10(土)トウシューズ入門 満員 12/11(日)バレエ初級 トンべ〜グランパドゥシャ http://ptix.at/vs2f6C 12/13(火)バレエ入門 …

パリ・オペラ座展でロマンティック・バレエとバレエ・リュスのおさらい

パリ・オペラ座展は総合芸術 展覧会構成 ロマンティック・バレエ時代 バレエ・ブラン発祥のオペラ「悪魔のロベール」に注目! マリー・タリオーニのトウシューズ ファニー・エルスラー タリオーニと匹敵する踊りに観客は熱狂した カルロッタ・グリジ 最初に…

ノートル=ダム・ド・パリの読書会をしてみんなで感じたこと

11月29日にクラブハウス第29回で『ノートル=ダム・ド・パリ』の読書会をしました。 3週間前より読書会の開催をお知らせして、事前に読んだ方から「こんな話だったんですね!」と新鮮なご感想が集まってきました。 私としても、自分一人で読むのとみんなで…

パリ・オペラ座響き合う芸術の殿堂

バレエとオペラ座の絵がこんなにも見られるなんて!びっくりしました!! マリー・タリオーニの所有していたトウシューズ実物、ジゼル初演の台本実物、ファニー・エルスラー、カルロッタ・グリジ、リュシアン・プティパ、バレエ・ブランの元になった悪魔のロ…

バレエだけではわからない、小説「ノートル=ダム・ド・パリ」の人物描写(ネタバレ)

エスメラルダのバレエで、「エスメラルダってどんな女の子なのかな?」と気になりませんか。 バレエだけではわからないことが多いのですが、小説の巧みな人物描写には、実は感動的な人間ドラマが込められています。また、「エスメラルダ」のイメージが具体的…

バレエ「エスメラルダ」あらすじ ユゴー「ノートル・ダム・ド・パリ」小説から着想した作品

バレエ「エスメラルダ」は、1844年ロマンティック・バレエの時代に初演された、バレエの歴史では古い作品です。 物語の舞台は、ヴィクトル・ユゴーが書いた小説「ノートル・ダム・ド・パリ」です。登場人物やあらすじはバレエ用に構成されています。 バレエ…

ショパンを描く小説「葬送」とヌリ(ラシルフィードの台本を書いた人物)

再読して気づきました。 アドルフ・ヌリ(オペラ歌手で、ラ・シルフィードの台本を書いた)が登場していて、ヌリが亡くなったときにショパンが演奏してる...!と。 ショパンはアドルフ・ヌリと友人で、実はヌリが急死してしまった時にショックで悲しみ、弔い…

振付家ジュール・ペロー 踊りにかける魂 パドカトル、ジゼル、エスメラルダ、海賊のバレエに携わる

振付家ジュール・ペローはロマンティックバレエの時代から、ロシア帝室バレエの成長期に首席バレエマスターも務めた振付家です。 名手のカルロッタ・グリジというバレリーナの公私パートナーとなって、ペローが振付をし、踊った数々の作品で、最も有名なのが…

エスメラルダの元になった「ノートルダムドパリ」読むならおすすめ本

ロマンティック・バレエの時代に誕生した「エスメラルダ」は、ユーゴーの小説「ノートル・ダム・ド・パリ」から生まれたお話です。 あらすじはバレエ化にあたって変化しているところもありますが、原作の舞台や時代の雰囲気をつかむのには、言葉で表現されて…

ヒューストン・バレエ公演前のプレ・イベントに行ってきました(光藍社さん主催)

ヒューストン・バレエ団の初来日が迫り、10/29,30に開催される本公演前のプレ・イベントとして、主演ダンサーのパフォーマンスとトークイベントにご招待いただき参加してきました! 筆者撮影 登壇のダンサーは、プリンシパルの加治屋百合子さんとコナー・ウ…

カルロッタ・グリジ ジゼルの代名詞となったバレリーナ

カルロッタ・グリジは「ジゼル」初演で有名になった、ロマンティック・バレエ時代のバレリーナの一人です。 当時の人気バレリーナ4人を共演させた「パ・ド・カトル」というバレエ作品になった一人でもあります。 カルロッタ・グリジの人生と、パートナーであ…

「ジゼル」ができるまで〜精霊のバレリーナ

バレエ「ジゼル」は1841年に初演されたロマンティック・バレエの最高傑作とも言われるバレエ作品です。 現代でも世界中のバレエ団がジゼルという作品をレパートリーにもち、たくさんの振付家が独自に改訂し続けて上演し続けるほど、クラシックの中のクラシッ…