バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

「自分とゆかりのあるテクニックを増やしてほしい」

8月の三連休はバレエグループレッスンが二日間に渡って開催されました!

昨日は、はじめてのピルエット&ピケターン、フェッテまでをチャレンジするサポートをする回転強化レッスン。

今日は、バレエベーシックレッスン レベル2 《コフレ・ア・ビジュー 》でした!

みなさんの元気な笑顔でエネルギーいっぱいな感じが伝わっていくことでしょう♪

どちらのレッスンも、みなさんにとっての「やや難しい」「やったことがない」「みたことはあっても真似できない…」というような辺りをつつくようにレッスンをしています(笑)

以前からも、やったことのない動きは頭だけでも理解して(やり方を知って)できなくてもいいから動いてみるということを重視して行ってきました。

その成果が実るように、バレエが未経験で私のレッスンで人生初めてトライしてきた方々が、少しずつピルエット、ピケターンなどもやり方を説明しなくてもご自分で理解して動けるようになってきていらして、複雑なアンシェヌマン(振付)もがんばって食らいついてこられています。

本当に、素晴らしい努力が実っているのです!!

そう思うと、バレエをかじったことがある方ならば、さらにいろいろなテクニックを見聞きしているはず。だから、自分の体を動かしてやってみる機会を少しでも多くしてほしいと思っています。

YouTubeを熱心に見てくださっている方には、まだレッスンでやったことがないけれども難しめのテクニックの解説をひっそり見ていたという方も結構いらっしゃいます。

常識や先入観にとらわれずに、いろんなテクニックに触れてみる!

外国語を学ぶときも、文法や基本的な単語を記憶するだけではなかなか上達しないものですよね。

バレエも同じく、自分とゆかりのあるテクニックを増やしてほしい!

一度でもいいから、あのレッスンでやったなぁ…とか。

それがまた舞台で見つけられたり、他のレッスンで出てくると、さらに自分の中のヒストリーに刻まれていきますよね。

そして、テクニックを自分の物にして、さらに磨きをかけて、ひとつずつコレクションしてほしい!

そう思って、バレエベーシックレッスン コフレ・ア・ビジュー 、宝石箱という名を冠したレッスンをはじめました。

レッスンが終わってから早速さまざまなご感想をいただいております。

私もかなりヒートアップしていましたので、ゆっくり休みながら、また英気を養いたいと思います♪