バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

晩秋の心は内省的?

落ち葉が積もり、羽織りものを使い始め、温かい飲みものが恋しくなる秋の終わり。

どこか不思議と、内省的な気持ちが引き出されることはありませんか?

最近の自分を振り返ったり、長期的な視野で見直すようになったり。

「年の瀬が近づいてくる」というような、体で覚えた暦でもあるのでしょうか。

夏のバカンスのような開放感とは少し変わって、自分だけのゆっくりした時間を過ごしたくなったり、芸術の秋といういわれのように、内省的な気持ちを誘うのでしょうね。

遺伝子がもっている自然な反応なのだとしたら、いかにも人間らしい行動で面白いなぁと思います。