バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

初のヴァリエーションレパートリーレッスン

4月28日(日)は、初めてのヴァリエーション・レパートリー・レッスンを開催しました!!

各自好きな演目を選んで、順番に踊って練習をしていく合同練習です!

みんなで楽しく盛り上がりました!!!

  • キトリ第3幕(扇子)
  • オーロラ第3幕
  • エスメラルダ(タンバリン)
  • ライモンダ・ピチカート第1幕
  • ガムザッティ
  • ジゼル・ペザント第1幕村娘の友人

小道具も人数分それぞれ準備して行きました!タンバリンを自前で持ってきてくださった方も♪

チュチュレッスンなので、チュチュスカートもいつも通り持参です。

ティアラ

ペザントの花飾り

エスメラルダ のタンバリン

他の人のヴァリエーションを見て参考にできる

このレッスンを開催してよかったのは、お互いに知らないヴァリエーションを見て勉強できるという点です。

振付の確認については、各ヴァリエーション準備に回していきますので、自分の作品だけに集中するもよし、他のヴァリエーションも一緒に振り入れを見学するもよし、お互いに一緒に練習することで刺激が増します。

踊ったことがなくてもチャレンジできる

まだ踊ったことがない演目に初挑戦することも大歓迎にしています。

「できれば動画で予習したい」という方には、ご予約いただいた後に、参考動画がある場合は共有いたしました。

大人バレリーナにとっては、「レパートリーを持つ」という初めのきっかけをつかむのが貴重です。

やったことがないのならば、どこかで初めての経験を積めばいい。

ならばここでも大歓迎にしよう!!と思って受け入れております。

振り入れ時間は通常よりも短くなってしまいますが、ある程度動画を見て参考にできる方でしたら、じゅうぶんに雰囲気を味わって挑戦することができます!!

レパートリーを増やしてバレエをもっと楽しんでほしい

ヴァリエーションのレパートリーが一つでもあると、バレエがもっと楽しくなります。

合同練習なら、他の人の踊りを見ながら覚えることもできますし、「次はこれをやってみよう」という気持ちにもなれます。

自分にとって深い関わりのある曲があることで、普段のレッスンで学んだことを落とし込むことができます。

基礎を学んで応用する実践の場が生まれるというのは、踊りを身につけていく上でとても大切なことです。

「踊って気持ちが解放されました」

ご感想を送ってくださっている方より、一部紹介させていただきます。

絵理先生 動画の配信ありがとうございました😊先日のレパートリーレッスンはすごくすごく勉強になりました‼️私は先生のレッスンを受けるのが◯回目になるかと思うのですが、普段のレッスンで注意されるところがやはり絵理先生も気になったようでアドバイスをして頂き、レッスンで気にしなければいけないところが明確になりました。

また気持ちの面でもすごく変化がありました...(略)
レパートリーレッスンで何度も繰り返して踊っているうちに、やっぱり先生のアドバイスのようにやってみると解放された感じになってきて、今まで内に内に向けてしまっていた気持ちがそれは違うなとハッキリ実感する事ができました。ちょうどその後に久しぶりに発表会を観に行ったのでその気持ちがいっそう強くなりました。

ありがとうございます!!個人的なエピソードも含めて書いてくださったのですが、心境の変化が大きいようで、嬉しかったです!!

先日のバリエーションレパートリーレッスン、とても楽しかったです💕ありがとうございました!
ご指導も一度も受けたことないので全くレパートリーでもなく、ただの憧れだけのモノマネバリエーション、自分の動画を見ると雑過ぎて笑えますが🤣でも、似た方がもう一人いらしたこともあって😅さほど緊張しないで楽しめました😍
他の方のも至近距離に生で見れて、未熟ながらも、私ももっと「持ちネタ」増やしていきたいなぁ😍と思いました。

ありがとうございます!このようにして楽しんでくださるのがとても嬉しいです!!お互いに刺激を受けながら、いろんなヴァリエーションそれぞれ良いなぁと思えたり、みんなやっぱりバレエが好きなんだなと実感したり。

そんなことを発表会という特別な会でなくとも、日常の延長であるオープンクラスで味わえているのが、幸せです!

ヴァリエーションの練習する機会を探している方にはぜひご活用していただきたいと思います。

ぜひみなさんもお待ちしておりますね!