読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【良い姿勢のコツ】家に鏡を置いて、朝にチェックする。

無印良品 オーク材ミラー・大 幅44×奥行33×高さ150.5cm

姿勢を良くしたいと思っている方へ。あなたの家には、体が映る大きさの鏡はありますか?

メイクするくらいの手鏡や、洗面所、バスルームなどにたいてい鏡はあると思いますが、

全身が映る鏡はやっぱり効果的です。

姿勢を特に気をつけていきたいなという人は、ぜひ家に大きなミラーを置いてみてはいかがでしょうか。

(家に置くというのがポイントです)

たとえば、家に鏡がないとどうなるか。

外出先のガラス越しに見るとか、歩きながら一瞬でみたり、あとはお化粧室でちらっと見るくらいだと思います。それくらいでは、正直、あまり姿勢を直そうって思う意識が入りません。すぐ忘れちゃいますよね。

あと、洋服を脱いだ状態でないとボディラインは分かりません。でも外ではそういうわけにもいきませんね。

だから、ボディラインをチェックするには、やっぱりお家の鏡です。

(ミス・ユニバースを育てていたイネス・リグロンさんは、裸でボディラインをチェックすることをオススメしていましたが、本当に洋服を着ていると細かいチェックができないのですよね。)

姿勢をチェックするのは、朝がオススメです。

それは、1日のはじまりに気をつけておくことで、ふとしたお昼休みとか、休憩中とか、交差点の待ち時間とか、駅で電車を待っているときなどに思い出すことができるからです。

1日の始まりに姿勢のスイッチを入れていきましょう。

夜は疲れが出やすいので、まずは朝を優先!

身だしなみやメイクをチェックするときに、姿勢もチェックしてみましょう。

私が自宅で使っているのは、こちらです。150mあるので、しっかり全身チェックできます。

デスクの横に置いたり、自宅でバーレッスンやヨガをするときは移動させたりしています。

マニアックすぎる使い方かもしれませんが、デスクやテーブルの横にも置いておくと、座っていて疲れたなというときも、鏡を見てピピッと意識をいれられるので自分で直すようになる効果があります。

無印良品の木目調なので、インテリアにもなじみやすくて愛用しています。

大きな鏡は、ダンスをやっている人ならば、特にほしくなりやすい(?)アイテムだと思います。

ただ、大きいとスペースをとるので、ご家族にも「買って良い?」と確認が必要だったりしますね・・・。

もしかしたら「そんな大きいの要るの〜?」などと、ご主人に言われてしまうかもしれませんが、

夫と二人で暮らし始めて実際に思ったのは、空間が広く見える!

狭いレストランでもよく鏡を活用して広く見せているところありますよね。

なので、150センチもありますが、そこまで大きさは気になっていません(個人的な感覚ですが)。

あと意外にも、男性も鏡を見てるという事実。見てないようで、見てるものです。

(男性のほうが実は外見を気にしている、という話もどこかで聞いたことがありますが本当かな)

全然、悪いことじゃなくって、むしろ良いこと。男性も素敵でいてくれたほうが良いですよね〜。営業職だったり、自分でビジネスされているような男性は、特に意識高いのではないでしょうか。

なので、思い切って鏡をおいてみたら、ご主人も通りすがりにチェックしているかもしれません(^^)

とまあ実体験をつらつら書きましたが、鏡があってもなくても、

毎朝1回、姿勢をチェック!

はぜひやってみてくださいね。

できることからコツコツ!積み上げていきましょうね♫