バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

アラベスク、デベロッペをキープするためのゴムバンドエクササイズ

バレエでは脚を高く上げたいと思うのが誰でも願うこと。でもなかなか始めたばかりでは筋力が足りずキープできない人も多いものです。

脚を上げるには柔軟性と筋力の両方が必要です。柔軟性とは、股関節の可動域が広いこと。筋力とは、動作脚を伸ばす力・軸足の立つ力・体幹で上半身と下半身をつなぎとめる力のこと。

それらをバランスよく鍛えるためにダンサーたちが行うのが、ゴムバンドを使うエクササイズです。

前にも紹介したことがありますが、中上級のダンサーたちはセンターで何もつかまらずに行います。

動画で様子をご覧ください。

バレエ ストレッチゴムの脚上げエクササイズ Stretch band exercises for ballet

まずはドゥバンに上げて、軸足も動作足もしっかり伸ばします。

そのまま、ロンデジャンブして横にキープ。

さらには後ろまで。アラベスクの形です。

片手も前に伸ばしてさらにバランス能力を鍛えます。

慣れない人は、前から後ろまでキープさせ続けるだけでも相当苦しくなってしまうものです。

はじめは、前だけ、横だけ、後ろだけ、と断片的に1つずつ練習しましょう。

慣れてきたら、前から横、横から後ろ、と慣らしてみましょう。

私のレッスンの大人の生徒さん方でも、ダンスバンドを持っている人は意外に多く、「どうやって使っていますか?」と聞くと、開脚のために買ってみたものの、使い方が分からずもはや使っていない人が大半でした。つまり、断念してしまった人が多いのです。

今回のエクササイズも全てを一気にやろうとせずに、まずは自分の課題を決めて、スモールステップで取り組んでいきましょう。

目標に対する正しい考え方を持つことも、とても大切です。

焦らず、現実的に、着実に、歩んでいきましょう。

くれぐれも、自分のレベルに見合わないゴムバンドを使うことのないよう、身長に合わせて適切な長さを選び、硬さも無理があるのならばソフトから試すのが無難です。