バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

グランドピアノ収録に使用したマイク&スタンド&モニターヘッドホン周辺機器

f:id:coruri:20200812231713j:plain

先日のグランドピアノの音源収録では、どんな機材を使ったのか?マイク、スタンド、モニタリングヘッドホンなどをご紹介します。

(※購入した物とほぼ同じものを載せていますが、購入する方はご自身で詳細をよくお確かめください)

RODE NT5 Matched Pair コンデンサーマイク(2本セット)

マイクスタンド(1台)

マイクケーブル(長さ各種)

マイクバー

マイク ショックマウント2個

【国内正規品】RODE ロード SM4R ショックマウントSM4R

【国内正規品】RODE ロード SM4R ショックマウントSM4R

  • 発売日: 2016/09/12
  • メディア: Personal Computers

ZOOM ズーム リニアPCM/ICハンディレコーダー H5(旧型のため、参考のリンク↓)

この下の画像の、右側に見えているマイクとマイクスタンドがそれです。

f:id:coruri:20200812231447p:plain

これらをMacbook Proに接続して、録音作業をしていました。

マイク周辺機器だけで「こんなに数が多い!」と思われた方もいらっしゃるでしょう。ぽりさんの指示の元集めていった私自身も、そう思いました!(笑)

実際にはエンジニア本人(ぽりさん)の細かな工夫が多々あるので(まだ書ききれず)、もし参考に購入されたい方は、お使いの現場に合うかをよくご確認いただければと思います。

ブログ読者の多くの方は、「音楽を収録ってどうやるんだろう?」とご興味を持ってくださったりしているので、機材のこと全くわからない!という方でも雰囲気を楽しんでいただければと思い、ブログにもご紹介しています(マニアックすぎますか?)。

あと、収録した音源の微調整には、モニタリングヘッドホンを導入しました。プロ機材とはいえ、お手軽なほうの製品にしました(ヘッドホンも価格帯が幅広いですからね!)。

収録時は、BOSEのノイズキャンセリングヘッドホンで収録していました。グランドピアノの目の前にいて音量が大きいため、現場ではノイズキャンセリングも有効でした。

一方で、音声の波形などをチェックしながら音圧などを調整するためには、ヘッドホンの特性をよく把握しておかないと、標準の状態がわからないため、スタジオ収録で使用されるモニターヘッドホンを使っています。

実際に聴き比べてみると、各社のヘッドホンの特性が微妙に異なるので、BOSEは自分で楽しむのにはとても好きな製品なのですが、モニター用としては上記のスタジオ用モニターヘッドホンがクリアで調整しやすいのです。

こうした機材面でも、音源をゼロから制作していくにあたり、勉強になることがたくさんあります。