バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエ プレトウシューズの使用感&感想 - ポアント経験者でも足のトレーニングに

「プレトウシューズってどんな感じなの?」と気になっているバレエ初心者のみなさん、そしてバレエ歴数年といった大人バレリーナのみなさんへシェアする動画を作りました!

バレエ プレトウシューズの使用感&感想 - ポアント経験者でも足のトレーニングに

結論から言うと、バレエシューズである程度のバレエの動きを身につけた方も、トウシューズ経験者でも、おすすめです。

バレエシューズよりもプレトウシューズは足の裏、指、すね、ふくらはぎ、足首を効率的に働かせます。脚力と体幹バランスのトレーニングになります。

たとえば、5番プリエからスースーをする場合。

立ち上がってから足をここまで付けるには、足首や内ももやお尻などがバランスよく働いていないとぐらついてしまい、自主トレでも自覚できるくらいに分かりやすいです。

バレエシューズではスースーできているようなつもりでも、プレトウシューズになるとガタガタになってしまう人がたくさんいます。

膝をしっかり伸ばしていても、指の付け根が重ねられない人もよくいます。ダンサーにとっては何気ない簡単な動きなのですが、初心者の方ほどとても苦戦します。それは、バレエが姿勢と筋力の積み重ねでできるようになっていく動きだからです。

とはいえ、諦めるのはまだ早い!!!

こんなことで心折れていては、バレリーナたるもの結果を早く求めすぎ。美しさの道はコツコツと進める心のゆとりもあってこそ。そう思って、いさぎよく気持ちを切り替えましょう!

もうひとつ、プレトウシューズのメリット。

バレエシューズになってもいつも以上にしっかり足を使おうとするようになること。

トウシューズを経験してからバレエシューズに戻ると、とても楽に感じます!!

なんてラクチンなシューズだったんだろう…♡

そこにホッとするのもつかの間、「もっとバレエシューズでもふだんからここまで使わないといけないんだな」と体が次元上昇していくのです。

冗談かと思うかもしれませんが、レッスンに来ているみなさんが激しく首を縦にうなづきますよ。

ラクチンに手に入る美しさもいいかもしれませんが、鍛錬してこそ光る輝きはラクチンをはるかにしのぎます。

それでこそ、女性らしいしなやかさ・真の強さがにじみ出てくるものです。

プレトウシューズでも綺麗に踊れるように頑張っていきましょうね!