バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

白鳥コールド3月まで前半復習・4月から後半パートに切り替え

白鳥の湖コールドバレエレッスンの今後の予定をお知らせします。

白鳥の湖 アダージオ コールドバレエレッスン 12月から始動してコツコツと振付をつくってきました。もともとは主役の白鳥と王子が出会い愛を誓う作品の中で最も純粋に静謐でロマンティックな曲です。コールドバレエとは群舞という意味で、ここではみなさんコールドバレエが主役となる振付構成で作品づくりに取り組んでいます。

これまで前半パートのレッスンで何度も振付を覚えられる期間を設けていました。今まで来られなかったという方もまだこれからご参加大丈夫です。

レッスンの進行予定

レッスンの予定としては、3月レッスンまでで前半のおさらいを一区切りにして、4月からは後半パートの振り入れを開始します。

前半パートを今のうちについていっておきたいという方は、ぜひこちらのレッスンでいらしてください♪

対象

バレエ初心者(バレエ歴0年でも大歓迎)、振付で踊るのが初体験の方、発表会でなくとも作品を仕上げてみたい人(女性限定)

前半パートのレッスン日程

2月26日(火)

12:00-15:00

https://form.jotform.me/90027849064460

3月16日(日)

12:00-15:00

https://form.jotform.me/90432656229459

3月19日(火)

12:00-15:00

https://form.jotform.me/90393039656464

前半パートのデモ動画

前半パートは、こちらのブログで動画付きで公開しています。

https://blog.coruri.info/entry/2019/01/23/225215

実際は、左右チームに分けています。すでに参加したことがある人は前と同じ側にし、はじめての方は当日の状況をみて右か左どちらのチームになって覚えていきます。もしも予習でどちらかのチームとして覚えてきてくださったら、そちらにします。はじめのポーズは膝立ちにしないで立つポーズになる方もいますので、膝の調子が優れない方は遠慮なくお申し出ください。

後半パートは4月から始まります

前半パートを覚えていない人でも一緒にゼロから覚えて行けますので、どうぞ安心してください。列の並び順が変わっても影響が出ないように配慮した構成にしています。

のちに前半をまた思い出しつつ全体を通していくことにも数ヶ月してからチャレンジしていく予定です。

初心者の方にオススメしたい理由

  • 音楽がゆっくりとしていて、ポーズをとる時間が長いので、落ち着いて付いていきやすい

  • 振付はシンプル

  • 腕の形、姿勢の取り方、足の順番をふだんのレッスン以上に細かく丁寧に理解できる

  • バレエのことをまだ知らなくても踊りにとけこみやすい

  • チャイコフスキーのクラシック音楽にあわせて踊る楽しさを味わうことができる

  • コールドバレエの振付をしっかり覚えると、バレエのセンターの基礎固めができる

  • 発表会のような毎週◯回リハーサルに出るなどまでできなくとも、演目に参加できる

参加者限定レッスン動画で予習復習できます

これまでの白鳥コールドバレエレッスンに参加した方へは、これまでの他日の動画も見られるように個別で共有します。レッスンまでに動画を見れなかったとしても、ご参加は大歓迎です。「動画を見れたほうが心の準備ができる」というお声を頂戴しますので、他日レッスンの動画も参考にしてください。新規にお申込みしてくださった方へも予習していただくことができます。

チュチュについてのQ&A

チュチュボンの色や形の指定はありません。レオタードの色も自由です。

初めて参加するのにチュチュの用意が間に合わない方は、お手持ちのスカートで対応していただいてもかまいません。

また、短いチュチュではなく長いチュチュ(ひざ丈など)でもかまいません。

初めてお申込みのときにご相談くださった場合で、可能なときは簡易なチュチュボンをお貸しできることがあります(そのタイミングによって、数量もごくわずかなのでご了承ください)。

頭飾りは毎回私が持参しています。付け方等は、当日ご相談&お手伝いひきうけていますので、ご安心ください。

使用している音楽

Swan Lake, Op. 20, Scene 2: Pas d'action (Andante - Andante ma non troppo)

Swan Lake, Op. 20, Scene 2: Pas d'action (Andante - Andante ma non troppo)

  • マリインスキー劇場管弦楽団 & ワレリー・ゲルギエフ
  • クラシック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes