バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

ローズペタルでバスタイム。薔薇のお風呂

f:id:coruri:20201112002651j:plain

薔薇を生けたあと、花びらがしっかりとした厚みとベルベットのような光沢で、花瓶の周りにはらはらと散っていました。まるで美女と野獣のあの赤い薔薇のよう。

テーブルで手にとって愛でていると、「あ、お湯に浮かべてみようかな」とふと思いつきまして、試してみました。

f:id:coruri:20201112002655j:plain

一輪でこれだけの大きな花びらたち。散っても一枚一枚がこんなに美しくて、紅葉の落ち葉と同じくながめてしまいます。

f:id:coruri:20201112002644j:plain

いざ。

お湯に浮かべてみると、いつものバスタブがドラマチックに…!

ゆらりゆらりとお湯の流れに浮かんで、優雅に舞う花びら。

薔薇のお風呂って、クレオパトラの伝説で聞くか、すごく特別で映画の中の世界などしか見ないような(それも偏見でしょうか)イメージでしたが、小さくも叶えてみると自分だけの優雅な時間を独占しているような気持ちになりますね。

実はこんまりさんの著書でも、お片づけの生徒さんが薔薇のお風呂にチャレンジしてみたというエピソードがあったことを思い出し、そういえば…と。秋の夜長の楽しみにちょうどいいものです。

f:id:coruri:20201112002648j:plain

この日は、グループレッスンで「眠れる森の美女」のローズアダージオの音楽をかけて、みなさんと練習したことも薔薇を見ながら思い出しました。

なんとなく難しいけれども、やっぱり憧れる。そんな気持ちと向き合いながら、バレエも薔薇も、わたしたちに美しさを育んでくれるのです。

ローズペタルはハーブティーでも飲むことがあり、ハーブにもなりアロマにもなり植物って本当に見えないパワーを秘めているなぁといつも思います。そのハーブティーは、ニールズヤードレメディーズで購入しました。

薔薇をお風呂で浮かべるにあたって、薔薇の種類や栽培によっては、染料がお湯に溶け出してしまったり、トゲなどは入れない、農薬は気をつけるなどの注意点はあるようですので、やってみたい方はそうした点もおさえてみてください。