バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエ パンシェ 角度よりも初心者に大事なポイントとは?

f:id:coruri:20201115010446p:plain

大人からバレエを始めた方で「アラベスクのパンシェで脚が上がらない」「形がサマにならない」などとお悩みはありませんか?

オンラインzoomレッスンでもパンシェを使った日があったのですが、なかなかみなさんにとって課題となっていた項目でしたので、YouTubeでも取り上げてみました!

バレエ「アラベスク・パンシェ」初心者からの練習&上半身をきれいにするコツ

パンシェとは、アラベスク の形をさらに脚を上げながら上体を前傾させて、深い傾斜を見せるポーズです。

f:id:coruri:20201115012550j:plain

初心者のうちから高くキープしてきれいに形をつくっていくのは難しいテクニック。

「でもレッスンで出てきたらどうしよう?」

そんなときのポイントは、脚の角度ばかりにこだわらず、むしろ体を起こしてパンシェを終えるまできれいな姿勢を保つということです。

脚が目立つ形ではありますが、踊りとしてはポールドブラや上半身の姿勢も見せ所となるテクニックです。

例えば崩れたまま頭をどんどん下げてしまい、脚がぐらつく…というのも美しくなりませんし、猫背になってしまうのもよろしくない。

つまり、脚の高さにばかり気を取られてしまうのは要注意ということです。

大人バレエはなかなか高さを上げられないのが仕方ないことでもあります。

もちろんその基礎力をつけていくことも大切ですが、「踊りとしてのなめらかな流れ」を守ることも大事です。

パンシェだからといっていくらでも無理矢理背中を崩して肩を持ち上げてでも踏ん張る…というより、バレエの基本を忠実にたどりながら、アラベスクの基本形の延長でじぶんのできる範囲の角度におさめ、ポールドブラとアームスを美しく見せるようにコーディネートする。

そうした練習を重ねながら、パンシェの回数を踏んで徐々に整えていくという視点も大切です。

その方がずっと音楽性があり、バレエらしい姿勢を保つことができます。大人の初心者から趣味で続けていくには、無理矢理の負担をさけながらスマートに上達していくことも考えてポイントを押さえていけるとよいですね。

YouTubeでも一緒にやってみてくださいね!

今後のオンラインレッスンでもさまざまなバレエテクニックを取り上げていきます。

素朴な質問も大歓迎!

ぜひご参加お待ちしております♡

三科絵理バレエヨガインストラクターレッスン情報(バレエ、ヨガ、ストレッチ)

http://ballet-yoga.peatix.com