読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【バレエヨガ】マーメイドのポーズ 〜気品ある首筋と背中のラインをつくる

今日から家でできるバレエヨガ「マーメイドのポーズ」

〜気品ある首筋と背中のラインをつくる〜

ヨガでは「バッタのポーズ(シャラバーサナ」という名前でよく知られていますが、バレエヨガビューティーメソッド流では、

人魚のように美しく「マーメイドのポーズ」と呼んでいます。

猫背になりがちな方は、姿勢の矯正にオススメ! また、肩が凝る人にもぜひ習慣にしてほしいポーズです。

実は、背中の筋力が弱いと、肩甲骨が上に浮いて、肩こりの原因になるからです。

「マーメイドのポーズ」を、毎日5呼吸×3回やると、肩とデコルテがすっきりしてきます。

脚は、海を泳ぐ人魚のように美しく伸ばしてくださいね。

脚のインナーマッスル&ヒップアップにも効いて脚長効果もあります!

ぜひやってみましょう。

効果

  • 美姿勢

  • デコルテ

  • ヒップアップ

  • レッグライン

f:id:coruri:20160511194801j:plain

うつ伏せになり、息をゆっくりと吐きながら背中の上部を起こし、足を浮かせます。つま先と手の指先は後ろに誰かに引っ張られているかのように、ピンと張りましょう。

この「マーメイドのポーズ」で、バレエヨガビューティーメソッド流では、特に大切なことがあります。

それは・・・、あごを引きましょう!

あごは、首の姿勢に直結します。

よく、顔を上げようとして首が詰まってしまう人がいます。それでは、肩こりになりやすく、デコルテも詰まって美しくありません。

しっかりとあごを引いて、耳を高くするつもりで、首の後ろ側を長く感じましょう。

首筋が美しい人は、後ろ姿が格段に美人に見えます。

あごを突き出して猫背で美しく見える人はまずいません。

しっかりと、デコルテと首の伸ばし方を習慣づけておきましょう。

また、マーメイドが足で優雅に泳ぐかのように、つま先を伸ばしてヒップをキュッと閉めて浮かせましょうね。

ちなみに、この「マーメイドのポーズ」は、後屈(こうくつ)=背中を反らす種類の一つです。

後屈を、英語では「バックベンド(Back bend)」とも呼びます。

後屈のポーズの中でも、反りがやさしいので、もっときつい後屈のポーズの準備になります。初心者の方にも取り組みやすいですね。

後屈を深めるために大切なポイントは、

  • 肩甲骨の間を反らせる

です。

f:id:coruri:20160328124557j:plain

背中を反らす時は、肩甲骨をこの写真のように開いて後ろに引きます。

そうすると、腰を痛めることなく、安全に後屈ができます。

f:id:coruri:20160328125044j:plain

これは、どんな後屈ポーズでも共通して大切なことです。

他の後屈ポーズの例も紹介しておきます。

(これらもポーズ解説していきます!)

これは、やったことがある人が多いのではないでしょうか?

↓「弓のポーズ」

f:id:coruri:20160511194644j:plain

多くの人が、いつかやってみたい憧れのポーズのひとつ

↓「鳩のポーズ」

f:id:coruri:20160511194947j:plain

究極の後屈(無理な真似は禁物です!しっかり方法論をおさえましょう)

↓「ラクダのポーズ」

f:id:coruri:20160511194959j:plain

いかがですか?

こうした後屈ポーズを深めていきたい人は、まずはこのマーメイドのポーズでしっかり基礎を固めておきましょうね!!

f:id:coruri:20160511194801j:plain