バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

【動画】ピケ・ターン アンドゥダンのやり方

ピケ・ターン(ピケ・トゥール)のアンドゥダンの回転を紹介します。基本テクニックの1つです。

ピケ とは

ピケとは「刺す」という意味です。膝を伸ばしたまま、つま先立ち(ドゥミポアント)に立つことも含めて大きく「ピケ」と言います。(ピケの関連動画: アラベスクのピケで膝が曲がる人へワンポイントアドバイス https://youtu.be/JX_RXD7grAs

回転のことを端的に言うときは、「ピケ・ターン」(英語)や「ピケ・トゥール(ネ)」などと呼びます。ざっくり言えば、片足を伸ばしてその方向に回る動きとイメージしましょう。

アンドゥダン

アンドゥダンとは、内回り・内側のことです。初心者には理解しにくいと思いますが、軸脚に対して全身が内回りに入っていきます。アンドゥオールは反対なのです。また説明したいと思います。(アンドゥオールはこちらのこと https://youtu.be/U7TPTN9TeZg

ピケターン アンドゥダンの動画

動き方

右回転ならば、右脚を横に回します。少し浮かせます。同時に右腕をアンナバンから横に回します。

右脚のひざを伸ばしたまま、一気につま先立ちになります。(ドゥミポアントになる)同時に、左脚のひざを曲げて、左のつま先を右のひざの裏につけて回ります。この形を、ルティレ(パッセ)と言います。

回っている最中はひざを伸ばしたまま。両腕は回転しながらアンナバンにします。

回り終わったら、はじめの形に戻ります。ピケターンを連続するならば、そのまま、二回目の助走になります。

ポイント

  • 動作脚のルティレ(パッセ)のひざを外に開き、脚の三角形がよく見えるようにする

  • 軸脚のひざを曲げないで回る

  • 着地のプリエでかかと体重にならないようにする

  • 顔のスポット(視線をつける)

ゼロから練習するには?

  • 回転せずパッセで立つ練習をする

  • 回転しないパッセ→ピケターンを交互にやってみる(動画でデモしています)

こういったところからチャレンジするといいですね♫

ぜひ動画も見て一緒に練習してみてくださいね。スロー動画をつけてあります。

バレエ ピケターン アンドゥダン内回り スロー動画で初心者も回転なしから練習できる!

https://youtu.be/BnahizGVDEc