バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

自分の枠を、超えていこう

「人間は自分が考えているような人間になる」

最近あたらめて自分も振り返っていました。

そんな折、スタンフォード大学集中講義などで有名なティナ・シーリグ教授の新刊を見つけました。「Insight Out(日本未翻訳)」Imagination, Creativity, Innovation, Entrepreneurshipに関する内容で、これまでの既刊本よりも刺さりました。タイムリーな出会い。こちらについてはあたらめて書きたいです。

Insight Out: Get Ideas Out of Your Head and Into the World

Insight Out: Get Ideas Out of Your Head and Into the World

それで最近、集中してコミットしようと思ったこと。

  • アイデアを引き出すために、今までとは違う思考パターンに切り替えてみる

  • 海外の情報源にアクセスする機会を増やす

  • いろんなアウトプットの表現方法を試す(Youtubeの試みもそのひとつ!)

  • 自分自身のエクササイズメニューをさらに高めてアイデアの材料にする

などなど…

それぞれに具体的なイメージをふくらませて、すでに実行しはじめています。

これまでよりも、自分の枠をぐっと超えるためには「何をしたい?」「何でワクワクする?」と自分に問いかけることが必要ですよね。

日々、悩むこともありますが、だからこそいろんな形でセルフコーチングを心がけています。

そして、行動すると、さらに新しい課題や行動が見えてくる。

まるで飛行機で上昇していくように、視界がどんどん変わっていく。

その初速を高めることが、私にとっては大切なこと。

習慣化させる仕組みを作ってしまい、モチベーションが高いうちに慣らしてしまうのです。

たとえば、英語のリスニングならば、いつでも音源を聴けるような環境をすぐにつくり、ワクワクする気持ちを満足させるまで初めにのめり込みます。すると、変化も早く訪れ、期待とのギャップもわかるので、軌道修正をしていきます。

もともと、私は思い立ったら即行動しないと、居ても立っても居られない性格です。(ワクワクするんだから早くやりたい…)

「ちょっと難しいかな」と思っていたことが、心を入れ替えてさあ取り組むと、意外とすんなり進む。

だからもっと楽しくなる。

こういうこと、なんでも本当にありますよね。

だから、過去にしばられてはならない。

自分の枠を小さくしているのは、自分自身。

枠を壊せるのも、大きく超えられるのも、自分自身にしかできないこと。

やっぱり、「人間は自分が考えている人間になるんだな〜」ということを再認識しました。

このエネルギーをレッスンにも集中させていきますね!

みなさんも、ふだんの自分の姿は忘れて、過去の経験もすべてとっぱらって、なりたい自分・ワクワクする世界・欲しい未来を、たとえ妄想でもいいからしてみましょう。

妄想すること・無いものを想像することからクリエイティビティーは生まれていきます。

今までの自分には「無い」から、できない、のではなく

今までの自分には「無い」から、新しい!ワクワク!ひらめく!

そんな人生にしていきましょう♡

バレエ美人塾レッスンも、ストレッチ入門講座も、あなたの挑戦を応援します!

明日のレッスンもまだ間に合いますので、迷っていた方は、このチャンスをぜひ行動につなげてくださいね!