バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

バレエヨガインストラクター三科絵理のブログ

ヨガ「大して動いていないのに筋肉痛になる」のひみつ

今日はバレエのためのヨガクラス。 「大して動いていないはずなのに筋肉痛になる!!」というみんなの効果てきめんメニュー&開脚までっ!今日もがんばりました。

写真のように、ヨガでもみんな楽しそうです♪

なんだかとってもかわいかった瞬間〜!

キラキラ笑顔はパワースポットですね!

やっているメニューは以前に公開しているシークエンスに、さらに追加して応用ポーズや、仰向けでの開脚ストレッチ、横開脚まで入れています。

ストレッチしながら体幹も鍛えて、みなさんの表情が豊かで(笑)「きつい…!」「効く…!」「すごく伸びてる…!」といった心の声(じゃなくて体の声?笑)が聴こえてきます〜。グループでも個人レッスンでもそうなのですが。

でも私が笑顔でポンポンいくので「容赦ないですね笑」といわれたり「でもそれが心地いいです♪」といわれたり。

大して動いていないのに筋肉痛になるのは、正しいポジションでポーズをとっているからです。

同じ2時間をかけても、正しいところに入らなければ、効きません。意味がない…!

今日も、みなさんよくがんばりましたね!

「できてるな!」と思うとまたさらに次のステップを用意してしまう私です。

レッスンでお伝えしていること、家でも実践してみてくださいね!

  • ヨガという言葉の意味 →さぁ、何でしたでしょうか?

  • 壁を使う三角形のポーズ →骨盤から脇腹がはがれそうな伸びる感覚

  • パールシュヴァコーナアーサナのねじり版 →コアに効く!

  • 戦士のポーズ3番の軸足と骨盤の傾き →梨状筋を使う

  • 踊り子のポーズでつま先を上げていく →胸の中心をしっかり正面に起こす

レッスンは一回でも情報量詰め込んでいるので、ブログにしたら何本も書けるくらいなのですが…(^^)また合間にこちらでもシェアしていきたいと思います。